金融の豆知識

おまとめローンで一本化

複数のローンをまとめて金利を低く

消費者金融のキャッシングサービスは小額ならばその日のうちに融資を受けられ大変便利です。 ですが、簡単がゆえに、複数の業者から借り入れをしてしまい、返済が大変になってしまうケースがあります。 そんな場合には『おまとめローン』の利用を検討しましょう。
金利は、借入額が小口な程高くなる傾向があるので、 複数の小口をまとめることによって金利を低くすることができるのです。 また支払先を一つにする事で毎月の返済額も抑える事ができ、完済のプランも立てやすくなります。

キャッシング一本化に向いていないケース

おまとめローンは、大抵の場合はとても便利に利用できますが、向いていないケースもあります。 例えば、現在複数の借入があり、その中に低金利での借入れが含まれていれば、おまとめによる一本化をしなくても、 低金利で使用している業者の融資枠を希望する事で無理に借り換えを行う必要がない場合もあります。 おまとめローンを利用する際は、シュミレーションや見積もりをし、確実に返済総額が減るかどうかを確認しましょう。

油断は禁物!完済には強い意志で

おまとめローンの利用で注意したいのが『あくまで返済プランを見直したにすぎず、借金が無くなった訳ではない』という事です。 毎月の返済額が少なくなる事で、新たな借り入れをしてしまい『更に借金が増えた!』という事態にならないよう十分に注意しましょう。 とはいえ、おまとめローンは借金返済に大変有効な手段です。メリット・デメリットをしっかり把握して、ご利用を検討してみてください。

この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 借金 節約 ローン
   
関連エントリー
できるだけ暖房を使わず冬を暖かく過ごす方法
薄着をしていたら寒いのは当たり前です。綿の洋服は熱を逃がしやすいので、綿以外のものを着まし...
買ってきた野菜を長持ちさせるには?
食費を節約するためにも、まとめ買いはおススメです。週に1回か2回、ちょっと遠くても食材が安...
ギャンブル依存症について考える
ギャンブル依存症というと、意志の弱くギャンブルがやめられないというイメージがありますが、実...
「ただより高いものはない」ってどういう意味?
「ただより高いものはない」という言葉を誰でも一度は聞いたことがあると思います。
サラリーマンでも確定申告をすれば税金が戻ってくるケースとは?
確定申告というと、会社員の大部分は「年末調整」により会社の方で所得税が精算されますので、無...
Copyright (C) よろず
閉じる