金融の豆知識

過払い請求

過払い請求とは

消費者金融などでお金を借りた際は、金利が発生します。 利息制限法で定められている利息の上限は、 10万円未満の場合20%、50万円~100万円未満の場合18%、 100万円以上の場合15%でが、この制限が守られず、出資法で定められている上限29.2%で貸付を行っている場合があります。 この場合は超過利息を支払っている可能性があり、過払い請求として払いすぎた利息分を請求する事ができます。

過払い金が発生するケース

過払い金は必ず発生するわけではありません。現在も返済中の場合は超過利息を支払った期間が長いほど発生する可能性が高くなります。 超過金利で完済した場合は、必ず過払い金が発生しますが、完済してから10年以上経ってしまうと過払い金請求の権利は消滅してしまいますので注意が必要です。 また過払い金が発生した場合、過払い金とは別に、過払い利息を請求することができます。

請求の手続きについて

過払い金は元金と返済期間、その間の金利を元に算出しますが、多くの場合で自分の支払った金利などの詳細が残っていません。 また個人での交渉で解決する事が難しい為、まずは弁護士や司法書士に相談する事をお勧めします。

この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 借金
   
関連エントリー
借金は早く返そう!放っておくととんでもないことに…
借金は放っておくとどんどん増える仕組みになっています。 高い利子と、複利と言って利子に利子が...
根性だけじゃ絶対にやめられない ~パチンコの正しいやめ方~
つい最近まで、世間では、パチンコはただの遊びの1つという認識がありました。 しかし、パチ...
借金でお悩みの方へ!自己破産をする前にできる3つのこと
借金の返済で悩んでいる方にとって、「どうすれば借金を減額・免責できるのか?」は非常に関心の...
お金そのものに価値はない!お金はただの「交換手段」
「お金そのものに価値はない」と言われてもピンと来ないかもしれません。 勿論お金がないと生活で...
主婦キャッシングとギャンブルの危険
主婦キャッシングがとても簡単に借りれるようになってきました。 総量制限というものが施行さ...
Copyright (C) よろず
閉じる