金融の豆知識

35年長期の住宅ローンは本当に借りていいのか?

35年間固定金利のフラット35

住宅ローンは通常、数年間固定金利でその後変動金利に切り替わるタイプが主流です。 しかし、ローン完済までの35年間ずっと固定金利のフラット35のほうが金利変動のリスクがないということから、今注目を集めています。

このローンは民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して、融資をおこなうというもの。 35年間金利が固定というのは、今後万が一金利が上昇し始めた時にかなりお得になります。 変動金利の場合だと、その負担がモロに直撃してしまいます。 住宅ローンの金利は、景気が良くなると上昇します。 そうなると長期固定金利は、かなり有利なプランだといえるでしょう。 しかし、注意しなくてはいけないことも何点かありますので、ここで説明したいと思います。

フラット35の金利は最初から高め

35年間固定金利といっても、その金利が高めに設定されているのがこのフラット35です。 普通住宅ローンは固定金利期間が長くなるほど、金利負担額は増加していきます。
そのため、35年という長期ローンの場合、変動金利と比べてかなり高めに設定されているのです。

物件検査費用が別途掛かる

フラット35のローンは、物件の適用基準を満たしていないと受けることができません。 そのため、検査機関にお金を支払って適合証明をとる必要があります。
その費用は、新築1戸建てで大体2~3万円。中古住宅の場合だと4~6万円が別途費用として掛かります。 これは、一般の住宅ローンには掛からない費用ですので、その分が割高になるといえるでしょう。
しかし、東京オリンピック開催も決まり、今後景気が上昇しやすい雰囲気のある中、変動金利の住宅ローンより安心できるかもしれません。 しかし、マイホームは高い買い物ですので、支払いができなくなると大変です。
頭金をしっかり積んで、将来の負担をできるだけ減らすようにしてあげることが、安全にマイホームを手に入れる最善の策だといえるでしょう。

2013年10月11日 204298view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 投資 不動産 ローン
   
関連エントリー
株式投資を始めたいけれど、どの株を買えばいいのか分からない
いざ株式投資を始めようと思っても、どの株を買えばいいのか分からないと始めることが出来ません。
バリュー投資のためのファンダメンタル分析~BPSとPBR~
バリュー投資とは、現在の株価が割安なのか割高なのかを見きわめて、割安なら買うという方法です。 ...
中古住宅を一変させる「リノベーション」ってなに?
今、中古住宅の流通市場では「リノベーション」がキーワードになっています。リノベーションは簡...
ワンルームを探すときにチェックしたいこと
いざ新しい部屋に引越してみたら、思っていたのと違う…予想以上に不便だ…なんてことにならない...
株を持つことのメリット~キャピタルゲインとインカムゲイン~
株式投資にはどんなメリットがあるのだろう。 株を持つことのメリットを「キャピタルゲイン」と「...
Copyright (C) よろず
閉じる