金融の豆知識

家を買うともらえる「住まい給付金」って?

消費増税の影響緩和策として実施

政府は来年4月から消費税を現在の5%から8%に引き上げることを決めました。この消費増税によって住宅の販売が落ち込むのを防ぐために導入するのが「住まい給付金」です。

消費増税後の住宅取得支援策としては、過去最大級の住宅ローン減税が来年4月入居分から実施されることになっています。
なぜ住宅ローン減税をした上に現金給付までするのでしょうか。それは、住宅ローン減税があくまでも自分が支払った税金からの控除であるため、所得税の支払額が少ない人は控除額が引き上げられても控除枠を使い切れないからです。

大まかな試算では、夫婦子ども2人で年収500万円以下の場合は控除枠を使い残すことになります。そこで、控除枠を使い切れない中低所得者に対し、「住まい給付金」という形で現金給付が行われることになったのです。
10月1日に閣議決定され、12月にまとめる13年度の補正予算で財源措置を行ったうえで正式に実施となります。

年収425万円以下で30万円を給付

では、「住まい給付金」でいくらもらえるのでしょうか。閣議決定された内容を見ると、消費税が8%に引き上げられる14年4月以降に住宅ローンを利用して住宅を購入する場合、所得制限を設けて最大30万円の現金を給付。
給付額は年収425万円以下で30万円、年収425万円超~475万円で20万円、年収475万円超~510万円で10万円としています。
さらに、10%に引き上げられる予定の15年10月から17年12月については、給付額を最大50万円に引き上げるとしています。

最終更新日 2014年02月03日 43267view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 税金 不動産 ローン
   
関連エントリー
相続法が40年ぶりに改正!知っておくべきポイント4つを解説
相続に関するトラブルは、@s2@どの時代でも必ず起こっています。@/s2@特に近年は、家族...
一人暮らしの女性の防犯対策
一人暮らしの女性の方、防犯対策はしっかりと行っていますか!? 鍵をしめているから安心...
ふるさと納税のメリットとデメリット|損するリスクを回避しよう
ふるさと納税とは、自分のふるさと(故郷)や自分が支援・支持したい自治体に@s1@寄付@/s...
税金のかからない資産運用iDeCo 本当にお得?メリット・デメリットを紹介
近年、@s2@老後資金のために若いうちから資産運用を考えている人@/s2@が多くなりました...
リフォームはなぜブームなのか?メリット・デメリットを考察!
リフォームとは、@s1@時間が経って劣化した内外装の一部を、新築の状態に戻すために修繕する...
Copyright (C) よろず