金融の豆知識

家を買うともらえる「住まい給付金」って?

消費増税の影響緩和策として実施

政府は来年4月から消費税を現在の5%から8%に引き上げることを決めました。この消費増税によって住宅の販売が落ち込むのを防ぐために導入するのが「住まい給付金」です。

消費増税後の住宅取得支援策としては、過去最大級の住宅ローン減税が来年4月入居分から実施されることになっています。
なぜ住宅ローン減税をした上に現金給付までするのでしょうか。それは、住宅ローン減税があくまでも自分が支払った税金からの控除であるため、所得税の支払額が少ない人は控除額が引き上げられても控除枠を使い切れないからです。

大まかな試算では、夫婦子ども2人で年収500万円以下の場合は控除枠を使い残すことになります。そこで、控除枠を使い切れない中低所得者に対し、「住まい給付金」という形で現金給付が行われることになったのです。
10月1日に閣議決定され、12月にまとめる13年度の補正予算で財源措置を行ったうえで正式に実施となります。

年収425万円以下で30万円を給付

では、「住まい給付金」でいくらもらえるのでしょうか。閣議決定された内容を見ると、消費税が8%に引き上げられる14年4月以降に住宅ローンを利用して住宅を購入する場合、所得制限を設けて最大30万円の現金を給付。
給付額は年収425万円以下で30万円、年収425万円超~475万円で20万円、年収475万円超~510万円で10万円としています。
さらに、10%に引き上げられる予定の15年10月から17年12月については、給付額を最大50万円に引き上げるとしています。

2014年02月03日 42560view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 税金 不動産 ローン
   
関連エントリー
根性だけじゃ絶対にやめられない ~パチンコの正しいやめ方~
つい最近まで、世間では、パチンコはただの遊びの1つという認識がありました。 しかし、パチ...
借金でお悩みの方へ!自己破産をする前にできる3つのこと
借金の返済で悩んでいる方にとって、「どうすれば借金を減額・免責できるのか?」は非常に関心の...
サービス付き高齢者向け住宅とは?メリット・デメリットや特徴について
超高齢化社会を迎えている日本では、@s2@高齢者が安心して暮らせるようになるための事業がど...
リフォームはなぜブームなのか?メリット・デメリットを考察!
リフォームとは、@s1@時間が経って劣化した内外装の一部を、新築の状態に戻すために修繕する...
消費税がついに10%!増税のメリット・デメリットと準備したいこと
日本の消費税は1997年4月に5%、2014年に8%に引き上げられました。そして、@s1@...
Copyright (C) よろず