金融の豆知識

知らないと損をする!増税対策の「3つの給付金」って何?

増税対策の3つの給付金

消費税率が5%から8%にアップすることで、3月には駆け込み需要が増えました。 4月以降、消費が落ち込むことが予測されますが、政府は増税対策として3つの給付金を支給することが決定しました。

支給されるのは、臨時福祉給付金、子育て世帯臨時特例給付金、すまい給付金の3つです。

低所得者向け給付金

臨時福祉給付金は住民税が課税されていない世帯を対象に、一人につき1万円が支給されます。 また、年金、児童扶養手当、特別障害者手当などの受給者に対しては、5000円が上乗せになります。

子育て世帯向け給付金

子育て世帯臨時特例給付金は中学生以下のお子さんを持つ世帯向けで、一定の条件を満たせば、子供一人あたり1万円が支給されるというものです。 ただし、臨時福祉給付金を受け取る場合や、生活保護受給者に対しては、対象外となります。

住宅購入者向け給付金

住宅を購入した人に対して「すまい給付金」として、10万円~最大で30万円が年収に応じて支給されます。 ただし、年収510万円以上の世帯については、対象外となります。 また、給付額は「年収」ではなく、「都道府県民税の所得割額」で決まります。


いずれの給付金も、申請した人が対象なので、請求しないと受け取ることができません。 申し込み用紙などは、「臨時福祉給付金」や「子育て世帯臨時特例給付金」は地方自治体の窓口、「すまい給付金」は国土交通省のホームページからダウンロードできます。 「すまい給付金」については、いくら給付金をもらえるのかをホームページで試算することができます。

今後、10%に上がった場合、支給金額や支給対象者が変わってくる可能性もありそうです。 給付金に関する情報を、お住まいの地域の役所などで確認するようにしてください。

最終更新日 2014年05月22日 33166view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 税金
   
関連エントリー
百貨店のクレジットカードはお得?メリット・デメリット
百貨店に対して、@s2@「扱っている商品の値段が高い」、「若者より年配の人が多い」@/s2...
根性だけじゃ絶対にやめられない ~パチンコの正しいやめ方~
つい最近まで、世間では、パチンコはただの遊びの1つという認識がありました。 しかし、パチ...
リフォームはなぜブームなのか?メリット・デメリットを考察!
リフォームとは、@s1@時間が経って劣化した内外装の一部を、新築の状態に戻すために修繕する...
脱・通信制限!通信量を減らすコツ
スマホやタブレットを使っている人は、『通信制限』という言葉を、一度は耳にしたことがあると思...
宝くじや懸賞金 当たったら税金はかかるの?
宝くじやtotoBIGを買う人は、今や満18歳以上の人口のうちの約75%と言う調査結果があ...
Copyright (C) よろず