金融の豆知識

クレジットカード審査に落ちる5つの理由

審査に落ちる意外な理由

クレジットカードの審査は、職業、年収、勤続年数、住居、過去の借入状況などにより行われますが、カード会社によって審査の厳しいところと甘いところがあるようです。

一般的に、銀行系のカードは審査が厳しく、それほどでもないのは、流通系や交通系などのカードだと言われています。 しかし、まれに年収が低いというわけでもなく、安定して働いているにも関わらず、審査に落ちる人というのが存在します。 カード会社に問い合わせをして、審査落ちの理由をたずねても教えてもらえません。 審査に落ちる意外な理由についてあげておきます。

過去に延滞暦がある。

クレジットカードの延滞暦は、信用情報機関に延滞情報として登録されます。 一般的に、延滞暦の掲載期間は最長5年ほどです。延滞暦が原因の審査落ちは、期間をあけて申し込んでみてください。

複数のカード会社に申し込んでいる。

クレジットカードの申し込み情報は、信用情報機関に残ります。 複数に申し込むと、お金に困っている人と思われて審査落ちする可能性が高くなるみたいです。

クレジットカードを作ったことがない。

いつも現金払いでクレジットカードを持っていないという人は、「クレジットヒストリー」という実績がないため、審査が厳しくなります。 それなりの年齢にもかかわらずカードひとつ持たない人というのは、自己破産者と誤解されるおそれもあります。

携帯電話料金の支払いを滞納したことがある

携帯料金の滞納情報もまた、信用情報機関に掲載されます。 支払いのルーズな人物と思われるということでしょう。

申込み用紙の記入の間違い

最後は、申込み用紙の記入の間違いです。たとえば、電話番号を間違えて記入してつながらなかったために、審査に落ちるようなことがあるみたいです。 意外に多いということなので、「落ちた理由に、まったく心当たりがない…」と思う人は、こんなところかもしれませんね。

2014年05月30日 215938view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
Copyright (C) よろず
閉じる