金融の豆知識

投資用マンション、買うなら地方と都心どっち?

投資用マンションの特徴

投資用マンションとは、賃貸物件として他者に貸し出し、家賃収入を得て儲ける収益物件のことをいいます。

毎月の家賃収入で管理費とローン費用をまかなうことができ、いざとなれば、自分の住まいとして利用することもできる優れた投資商品です。 そのため、自分の資産形成や老後の年金、保険代わりに購入するケースが多いそうです。
そんな投資用マンション、購入するなら地方の物件?それとも都心の物件? どちらがオススメなのでしょうか?

ここでは、都心でも以外に安いワンルームタイプのマンションに注目して、取り上げてみたいと思います。

オススメなのは地方?都心?~単身者ワンルームマンション~

どちらがいいのかというと、安定的に家賃収入が得られる可能性が高い都心マンションのほうがオススメだといえます。

地方で売られている投資用マンション(ワンルーム)は、高利回であるけれど、空室リスクが高いというというのが特徴的。 逆に都心の投資用マンションは、地方と比べて利回りは低いけれど、人口が多いという関係で、購入するマンションの立地条件が悪くなければ、空室リスクは低くなる傾向があります。

地方マンションは、物件取得金額に対して家賃収入の割合が高いため、年間利回りは高くなります。 しかし、都心と比べて地方は単身者向けマンションの利用が少ないため、立地条件選びが極めて難しいのが特徴です。

購入したけど入居者が見つからないと、毎月のローン負担が自分にのしかかってしまいます。 そう考えると、手堅いのは都心部の投資用マンションだといえるでしょう。

都心マンションは高いのでは?

都心のマンションは高くて手が出ないというイメージがありますが、中古のワンルームマンションであれば、首都圏一等地でも3千万円程度で手に入れることができるそうです。 状況によっては頭金0でもローンを組む事ができ、まとまった現金を用意しなくても、首都圏マンションのオーナーになることができるのです。

ただ、あくまで投資ですので元本保証は無く、物件自体の相場が下落するリスクも考慮しないといけません。 色々勉強しておかなければならないことはありますが、ローンを支払い終われば現物マンションだけがきちんと残るので、老後の資産形成に適している投資対象だといえるでしょう。

2015年01月27日 54265view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 投資 不動産
   
関連エントリー
2018年から始まるつみたてNISAとは?
近年、株やFX、仮想通貨など金融に関する様々な商品に投資・投機する人が増えてきました。 ...
株式注文の基本~指値と成行~
株式売買注文には大きく分けて「指値注文」と「成行注文」の2種類があります。
誰でもできる&したくなる!おしゃれ部屋の5つのポイント
「部屋をおしゃれにすることに何の興味もない」と考えている人、意外と少なくありません。 確...
15階建てマンションに潜むリスクとは?
「15階建てマンションだけは買わない方がいい」。マンション開発に詳しい専門家の間でささやか...
株を始めたいけど、株はどこで買うの?
実際に株式投資を始めようと思っても、買い方が分からないと始まりません。 どこで買えるのでしょ...
Copyright (C) よろず
閉じる