金融の豆知識

不要な交際費をカットして節約!

交際費

交際費というのは、サラリーマンで言えば、アフターファイブの飲み代とか、恋人とのデート代とか、人と付き合う際に必要な経費のことです。

不定期に出るものとしては、友達の結婚祝いとか、親戚の法事というような冠婚葬祭にかかる費用などが該当します。 主婦の方なら、お中元やお歳暮、親戚の子供の入学祝いや就職祝い、記念日の贈り物などが交際費となります。

交際費をカットするには?

交際費をカットするためには、お誘いを上手に断る「断り上手」になることです。
断ってばかりいると人間関係が悪くなりますが、「イエスマン」で付き合いが良すぎるとお金がいくらあっても足りません……。 アフターファイブの飲み会に誘われたら、「次は必ず参加するから」などと言ってにこやかに断りましょう。
なお、直接会って断るよりも、メールなどを利用した方が断りやすいものです。気がすすまないお誘いには、早めに断りのメールをいれておきましょう。
恋人とのデートは、お金のかからない場所で会うか、お金のないときは“ワリカン”にしてもらうことです。 冠婚葬祭費用については、不意の出費ですから、ボーナスなどが出たら「冠婚葬祭費用」として残しておいてください。

主婦の交際費について

主婦の交際費については、生活費とは別にしてやりくりすることです。 お中元やお歳暮は毎年のことなので、予測がつきやすいと思いますが、親戚の子供の入学祝いや就職祝いなどは、不意の出費として準備しておかなければなりません。 いざというときにあわてないように毎月、少しずつ積み立てておいた方がいいでしょう。
あとは、“見栄”を張った高額な贈り物をしないことです。感謝の気持ちが伝わればいいので、お誕生日のプレゼントや母の日、父の日の贈り物などには、ささやかな物でお祝いしましょう。

2015年02月18日 55859view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約
   
関連エントリー
生前贈与による相続対策をしよう
生きているうちに相続対策をしておこうという方もいらっしゃると思います。最も身近な相続対策は生前...
買ってきた野菜を長持ちさせるには?
食費を節約するためにも、まとめ買いはおススメです。週に1回か2回、ちょっと遠くても食材が安...
保険を見直すべき4つのタイミングと保険を見直す3つの方法
保険に加入してから、一度も保険の見直しをしたことがない方も多いのではないでしょうか。保険はライ...
冬の光熱費を減らす節約術
エアコンは電気代が、ストーブは灯油代が、冬は何かと光熱費がかかる季節です。 しかし、...
根性だけじゃ絶対にやめられない ~パチンコの正しいやめ方~
つい最近まで、世間では、パチンコはただの遊びの1つという認識がありました。 しかし、パチ...
Copyright (C) よろず
閉じる