金融の豆知識

サラリーマンでも確定申告をすれば税金が戻ってくるケースとは?

還付申告

確定申告というと、会社員の大部分は「年末調整」により会社の方で所得税が精算されますので、無関係だと考えがちです。
ただし、納め過ぎの所得税がある場合、申告することで税金の還付を受けられるケースがあります。これを還付申告といいます。

還付申告で税金が取り戻せるケースとは?

【年末調整では処理できない所得控除がある場合】
給与所得者で年末まで在籍していれば、通常、勤務先で年末調整が行われ確定申告の提出義務はありません。しかし、年末調整以外に雑損控除・医療費控除・寄附金控除などは年末調整処理の対象外として残ったままです。これらの所得控除を還付申告することで、既に差引かれている源泉所得税額から納め過ぎた税金が戻ってくることになります。

【住宅ローン控除を初めて利用する人】
初めての住宅ローン控除は年末調整では行えないため、確定申告(還付申告)をする必要があります。(2回目以降は年末調整で精算されます。)住宅ローン控除を申告することで差引かれた源泉所得税のうち、年末のローン残高の1%を限度として、所得税が税額控除として戻って来ます。

【年末調整の処理に漏れがあった場合】
生命保険料控除証明書が後で見つかった、年末、結婚して配偶者控除の対象になった、などです。

還付申告の提出期限は5年間、いつでもOK!

還付申告は、申告対象年の翌年から5年間であればいつでも提出可能です。結構医療費を使っていたけど・・・とあきらめていた方、領収証を捨てる前にもう一度確認してみましょう。

還付申告に必要な書類

還付申告書という書類は無く、給与所得者なら、通常、『確定申告書A様式』を用います。源泉徴収票が必ず必要ですので、大切に保管しましょう。
知らないと損をする事が多すぎる世の中ではありますが、少しでもご参考にしていただければと思います。

2015年06月02日 71805view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 税金
   
関連エントリー
土地や家屋の相続 どのように評価する?
相続で土地を取得することがありますが、評価の方法が分からないと相続税の計算も出来ずに困りますよ...
遺言が全てではない 遺留分で相続が保証されている
亡くなった夫の遺言書に「愛人に全財産を相続する」と書いてあったらどうなるでしょうか。ドラマであ...
2018年から始まるつみたてNISAとは?
近年、株やFX、仮想通貨など金融に関する様々な商品に投資・投機する人が増えてきました。 ...
相続税がかかる財産と相続税がかからない財産がある 相続財産の調査方法
相続した財産すべてに相続税がかかるのでしょうか、実は相続税がかからない非課税財産があります。相...
「ただより高いものはない」ってどういう意味?
「ただより高いものはない」という言葉を誰でも一度は聞いたことがあると思います。
Copyright (C) よろず
閉じる