金融の豆知識

円高と円安について!そのメリットとデメリット

円高ってダメなの?円安のほうがいいの?

円通貨の価値を示す円高と円安。 通貨の値動きは、食料品の価格や将来の収入に大きく影響するため、私たちの生活にすごく関係した問題だといえます。
長年の円高が問題になった日本ですが、なぜ円高だと問題があるのでしょうか?円安のほうがいいのか?

円高のメリットとデメリット

円高が長期間継続すると、外需関連企業の収益が悪化してしまいます。 外需関連企業は、海外で商品を売って利益を出しますが、その時に決済されるお金はすべて外貨でおこなわれます。 円高になってしまうと、企業が決済された外貨を円に両替した時に、円安の時と比べて少しの円しか受け取る事ができない、ということになってしまいます。
例えばもし海外で1ドルの商品を販売したとします。 レートが1ドル90円の時の売り上げと1ドル70円の時の売り上げを比較すると、円に両替した時に20円も売り上げに差が出てしまうのです。 企業の売り上げが円高により低迷すると、そこで働いている労働者の賃金にも影響が出てしまいます。

逆に、円高のメリットは、輸入品が安く買えるという面です。 特に海外から輸入している食料品を安く買えるので、食費を抑えられるという利点があります。
また、海外から食材を輸入して営業する外食産業では、円高になると食材費が少なくてすみますので、価格を低く設定できます。 円高は、家計の面では意外に助けられていることが多いのです。

円安のメリットとデメリット

円安は、円高の逆で、外需関連企業の収益向上に大きく貢献します。 収益が大きくなるということは、労働者への還元も増加するというメリットがあります。 つまり円安になると、景気が良くなる可能性が高いということです。
しかし、海外の通貨の価値が高くなるということは、同時に輸入品の物価も上昇するというインフレリスクを伴います。 それは、私たちの食費に大きく影響が出てしまうということ。
もし、企業の景気が良くなっても、それが労働者に還元されない環境が続いたらどうなるでしょう? そう考えると、過剰な円安にもまた、リスクが潜んでいるということがわかります。

最終更新日 2013年03月14日 107174view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 投資
   
関連エントリー
税金のかからない資産運用iDeCo 本当にお得?メリット・デメリットを紹介
近年、@s2@老後資金のために若いうちから資産運用を考えている人@/s2@が多くなりました...
ケチと浪費家、あなたが付き合いたいのはどっち!?
ケチと浪費家で、あなただったらどちらを選びますか?
リフォームはなぜブームなのか?メリット・デメリットを考察!
リフォームとは、@s1@時間が経って劣化した内外装の一部を、新築の状態に戻すために修繕する...
かんたん作成!たまる家計簿で上手に節約するには?
どうして思うようにお金がたまらないんだろう?と考えてしまうことありますよね。家計のお金の流...
年金の繰上げ・繰下げ受給について|メリットとデメリットを解説
年金は、@s2@老後の安定した生活を支えるために必要不可欠な制度@/s2@です。 日本の...
Copyright (C) よろず