金融の豆知識

ETFって何?投資信託とは違うの?

ETFとは

ETFとはExchange Traded Fundsの頭文字を取ったもので「上場投資信託」とも呼ばれています。
証券取引所に上場している投資信託のことで、運用コストが安いのが特徴です。
日経平均株価やTOPIX、海外の株価指数に連動するものなど様々な商品があります。

ETFの特徴

証券取引所に上場しているので、株と同じように売買できます。
また、分散投資が出来るなどの投資信託のメリットを引き継いでいます。

ETFは運用コストが安い?

・販売手数料
ETFの販売手数料は株式と同じなので、販売会社によって異なります。比較サイト等を見ながら自分の投資スタイルにあった会社を選ぶと良いでしょう。

・信託報酬
ETFは一般的な投資信託と比較して、信託報酬が安いのが特徴です。中には0.1%を下回る商品もあります。
長期保有する場合は特に重要な指標になりますので必ずチェックしましょう。

販売会社によって取扱商品が異なるので注意!

とりあえずどこかで口座を開設してから購入しようと考えている方もいるかもしれませんが、販売している商品は金融機関によって異なります。自分が購入を検討している商品を取り扱っているかは必ず事前にチェックしましょう。
特にNISAでの購入を考えている方は、NISAの口座は1人につき1口座ですので注意が必要です。


2015年11月12日 11512view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 投資
   
関連エントリー
株式投資を始めたいけれど、どの株を買えばいいのか分からない
いざ株式投資を始めようと思っても、どの株を買えばいいのか分からないと始めることが出来ません。
ある日突然、あなたの銀行口座が凍結されたら!?
ある日突然、生活費などを入れている銀行口座が凍結されたら困りますよね? オークション...
証券会社選びのポイント
株取引では売買のたびに株式売買手数料がかかります。 手数料は証券会社によって異なります。 ...
15階建てマンションに潜むリスクとは?
「15階建てマンションだけは買わない方がいい」。マンション開発に詳しい専門家の間でささやか...
宝くじや懸賞金 当たったら税金はかかるの?
宝くじやtotoBIGを買う人は、今や満18歳以上の人口のうちの約75%と言う調査結果があ...
Copyright (C) よろず
閉じる