金融の豆知識

将来安定に必須知識!?ポートフォリオとは?

貯蓄を残すための基礎知識!

お金を残すことって、結構難しいですよね? 毎月必要な生活費を捻出して、そこからまた遊び代も捻出していくと、結局のところ何も残らなかったり。 ですが、そんな人もお金をポートフォリオ化すれば、貯金がしやすくなるのです。
そもそもポートフォリオとはどういった意味なのか? ここではその意味と、活用方法についてお話いたします。

お金の使用目的を分けるということ

ポートフォリオとは、金融用語のひとつで「資産構成」という意味を持ちます。 株、不動産、現物資産など、自己資産を多種に分散させて運用する際に、用いられる言葉です。
ここでいうポートフォリオは、自分のお金を目的別に分けるということ。 お金を目的別に分けることで、必要なお金をきっちり残しながら、余裕資金で豊かに暮らすという生活設計が可能となります。

どうやってわけるの?項目は?

以下の必要経費は、毎月の収入から先に捻出をしておかなければなりません。

・必要経費(家賃、電気代、通信費などの固定費)
・貯蓄
・緊急の際に動かせるお金

これらの項目は、毎月確保しておくべき費用です。 そこから余ったお金は、食費や交遊費、投資資本などに回せるお金です。
もし貯蓄がある程度貯まっているのであれば、その分は以下のように仕分けをおこないます。

・将来のための蓄え(動かさないお金です。)
・緊急に必要な際、動かせるお金(病気やケガをした時などに使えるお金)
・将来、使用目的のある貯蓄(車の頭金や、住宅ローンの頭金に当てるお金など)

このように、自分なりで結構ですので、お金を使用目的別に分けると、無駄な出費を抑えながら将来への蓄えも残すことができます。 なお、銀行口座を複数持って、お金を目的別に入金しておくというのも有効でしょう。

最終更新日 2013年04月05日 109530view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 節約 投資
   
関連エントリー
買ってきた野菜を長持ちさせるには?
食費を節約するためにも、まとめ買いはおススメです。週に1回か2回、ちょっと遠くても食材が安...
絶対に外せない!中古マンションを買う時に気をつけるべき8のポイント
マンション購入は中古であれ新築であれ、一生に一度の買い物となる場合がほとんどです。 購入...
かんたん作成!たまる家計簿で上手に節約するには?
どうして思うようにお金がたまらないんだろう?と考えてしまうことありますよね。家計のお金の流...
借金でお悩みの方へ!自己破産をする前にできる3つのこと
借金の返済で悩んでいる方にとって、「どうすれば借金を減額・免責できるのか?」は非常に関心の...
ケチと浪費家、あなたが付き合いたいのはどっち!?
ケチと浪費家で、あなただったらどちらを選びますか?
Copyright (C) よろず