金融の豆知識

遺産分割はどうすればいい? 遺産分割協議って何?

遺産分割の方法

遺言書に書かれていない財産があったり、そもそも遺言書がない場合は遺産分割を行うことになります。遺産を分割する際、不動産は人が住んでいたりしたら簡単に遺産分割できませんよね。どうすれば良いのでしょうか。遺産分割には3種類の方法がありますので、いずれかの方法を選択することになります。

遺言書がある場合

遺言書にすべての財産について遺産分割の指定がある場合、遺言書に従って遺産分割を行います。しかし遺言書がある場合でも、相続人全員が遺言書の内容を無視して遺産協議分割をすると決めた場合は、遺言書の内容を無視して遺産協議分割をすることが出来ます。

遺産分割の方法

①現物分割
現状のまま、分割する方法です。例えば「Aさんが不動産を相続、Bさんが預貯金を相続する」などです。実行しやすいのが特徴ですが、不動産の価値と預貯金の額がかけ離れている場合など、不公平になってしまうことがあります。
②代償分割
不動産などを1人または複数人が取得して、その代わりに他の相続人に代償金を支払う方法です。 不動産などの遺産をそのまま残すことが出来ます。しかし代償金の支払いに大きな負担がかかるのがデメリットです。
③換価分割
不動産などを売却して、そのお金を相続人で分ける方法です。お金なので分割しやすいですし、不公平にならないのが特徴です。 しかし不動産を残したい場合は実行できません。

遺産分割協議

遺産分割協議は相続人全員が参加し、具体的に遺産を誰が引き継ぐのかを決めます。全員が参加しない遺産分割協議は無効となります。遺産分割協議がうまくいかない場合、家庭裁判所に「調停」を申し立てることが出来ます。調停委員に仲介してもらい、話し合いを続けます。それでもうまく以下ない場合は家庭裁判所の「審判」で裁判官が遺産の分け方を決めることになります。

遺産協議分割がまとまったら「遺産協議分割書」の作成を

遺産協議分割が終わって、すっきりするかと思いきや、後々相続人同士でトラブルになるケースが有ります。トラブルを防ぐためにも「遺産協議分割書」で合意内容を明確にして、書面にして保管しておきましょう。なお、「遺産協議分割書」は不動産などの名義変更や相続税の申告の際に必要となります。

次は「遺言が全てではない 遺留分で相続が保証されている」へ

2016年05月05日 5580view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : お金 税金 相続
「遺産分割はどうすればいい? 遺産分割協議って何?」はいかがだったでしょうか? それではその他の相続・贈与税の注意点をみていきましょう。
相続の流れやスケジュールはどうなっているの?

人が死亡すると相続が始まりますが、相続の流れが分からないという方は多いのではないでしょうか。 相続の流れをしっかりと把握しておきましょう。

遺言書の種類、知ってますか?

遺言書は3種類あります。

1 自筆証書遺言
2 公正証書遺言
3 秘密証書遺言
一般的なのは「自筆証書遺言」「公正証書遺言」です。自筆証書遺言は手軽に作れる、公正証書遺言は公証人に作成してもらうのが特徴です。

相続人は誰?

相続できる人は民法で定められていて、法定相続人と呼びます。相続には優先順位があり、法定相続人が決定します。
なお、配偶者は常に相続人に含まれるため、優先順位の対象外です。

相続税がかかる財産と相続税がかからない財産がある

実は相続税がかからない非課税財産があります。相続財産を調査する前に、相続税がかかる財産と相続税がかからない財産を知っておきましょう。 成行注文とは、株価を指定せずその時の相場で売買の注文をすることです。

土地や家屋の相続 どのように評価する?

相続で土地を取得することがありますが、評価の方法が分からないと相続税の計算も出来ずに困りますよね。
土地の評価方法は「路線価方式」「倍率方式」のふたつがあります。

相続の方法は3種類

相続の方法は3種類あります。人が亡くなり相続が発生したら、3ヶ月以内に「単純承認」「相続放棄」「限定承認」の3つから相続の方法を選択します。

遺言が全てではない 遺留分で相続が保証されている

亡くなった夫の遺言書に「愛人に全財産を相続する」と書いてあったらどうなるでしょうか。
ドラマでありそうな展開ですが、遺留分によって財産の取得を保証されているので、財産の一部を取り返すことが出来ます。

相続税かかる・かからないの分岐点はどこ?

相続税は相続した人全員が支払っているわけではありません。相続税は基礎控除額を超えた場合のみ支払うことになります。

生前贈与による相続対策をしよう

生前贈与とは、生きているうちに、配偶者・子・孫に財産を贈ることです。
しかし一気に何百万円もの大金を贈与すると、贈与税がかかってしまいます。数年かけて、少しずつ贈与するほうが贈与税の基礎控除額があるので節税になります。

   
関連エントリー
かんたん作成!たまる家計簿で上手に節約するには?
どうして思うようにお金がたまらないんだろう?と考えてしまうことありますよね。家計のお金の流...
「ただより高いものはない」ってどういう意味?
「ただより高いものはない」という言葉を誰でも一度は聞いたことがあると思います。
知っておかないと年金をもらえない人も!年金の基礎知識
「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならな...
お金そのものに価値はない!お金はただの「交換手段」
「お金そのものに価値はない」と言われてもピンと来ないかもしれません。 勿論お金がないと生活で...
主婦キャッシングとギャンブルの危険
主婦キャッシングがとても簡単に借りれるようになってきました。 総量制限というものが施行さ...
Copyright (C) よろず
閉じる