金融の豆知識

保険を見直すべき4つのタイミングと保険を見直す3つの方法

保険の見直ししてますか?

保険に加入してから、一度も保険の見直しをしたことがない方も多いのではないでしょうか。保険はライフステージごとの見直しが必要です。独身の時と結婚して子供が生まれた時とでは事情が異なりますよね。現状のままでは足りないかもしれませんし、逆に必要以上に保険に入ってしまっているかもしれません。

保険を見直すべき4つのタイミング

・結婚をした 自分にもしものことがあった時にパートナーが生活していけるようにしましょう。

・子供が生まれた 家族が増えれば当然必要な生活費も増えます。子供が自立するまでの教育費、自分が死亡した時に残された家族が子育て中にどれだけの収入が望めるかなども考える必要があります。

・マイホームを購入した マイホームを購入した際に「団体信用生命保険(団信)」という保険に入っていれば、契約者が亡くなった場合に残りのローンの支払が免除されます。これによって住居費が必要なくなる為、保障額を減らすことができます。

・子供が自立した 子供が自立した場合は保障額を減らすことができます。自分にもしもの事があっても、子供の生活を維持できるようにするための保障を考える必要がなくなるからです。

保険の見直し方法は増やす、減らす、転換の3つ

保険を見直すべきタイミングになったら、保険の見直しをしましょう。保険の見直しの方法は以下の3つになります。

・保障を増やす 別に新しい保険を契約したり、今の保険に特約を追加したりします。

・保障を減らす 保障額を減らして保険料を下げたり、不要な特約を解約します。

・保険の転換 保険を解約して新たに契約を結びます。健康状態によっては新しい保険の審査に落ちる可能性もありますので、必ず新しい契約を結んでから古い保険を解約しましょう。

2016年06月27日 4494view
関連豆知識 : お金 節約 保険
「保険を見直すべき4つのタイミングと保険を見直す3つの方法」はいかがだったでしょうか? それではその他の保険についての考察をみていきましょう。
保険はどこで契約するのが正しいのか

保険に加入したいと思っても、どこで契約するのかが分からないと加入できませんよね。保険の販売窓口は大きく分けて3つあります。
①保険会社の対面営業
②複数の保険会社と代理店契約を結んでいる乗合代理店
③インターネットでの申し込みによるネット保険

「終身医療保険」「定期医療保険」はどっちに加入するのがいいの?

もしもの時に備えて医療保険に入っておこう考えた時に、あなたは何を重視するでしょうか。保障の期間や保険料など、保険によって違いがあります。
医療保険は大きく分けて終身医療保険と定期医療保険の2つがあります。どちらに加入するのが良いのでしょうか。

生命保険の終身保険と定期保険の違いは?

生命保険には終身保険と定期保険がありますが、どちらを選べば良いのでしょうか。終身保険と定期保険にはそれぞれ特徴があります。

終身保険のメリットは一生涯の保証があることです。
定期保険のメリット保険料が安く、見直しが可能なことです。

貯金がない人ほど生命保険を検討すべき理由

生命保険を検討すべきと言われても、毎月の出費を考えるとなかなか踏み出せません。特に貯金がない場合は、保険料は無駄な出費に思えるかもしれません。しかし、貯金がない人ほど生命保険を検討すべきなのです。

なぜなら、もしもの事があった時に残された人達がお金がなくて困ってしまうからです。

   
関連エントリー
借金は早く返そう!放っておくととんでもないことに…
借金は放っておくとどんどん増える仕組みになっています。 高い利子と、複利と言って利子に利子がつくことが理由です。 それによって借金の数字...
定期預金よりずっとお得な「旅行積み立て」
大手旅行会社や航空会社が行っている「旅行積み立て」サービス。お金を一定期間、積み立てると、サービス額(金融機関の貯金では利子に相当)がプ...
遺言が全てではない 遺留分で相続が保証されている
亡くなった夫の遺言書に「愛人に全財産を相続する」と書いてあったらどうなるでしょうか。ドラマでありそうな展開ですが、遺留分によって財産の取得を...
主婦キャッシングとギャンブルの危険
主婦キャッシングがとても簡単に借りれるようになってきました。 総量制限というものが施行されたことで、以前に比べ借りすぎてしまう人は減り...
相続人は誰? 相続できる人、法定相続人は民法で決まっている
相続が発生した時に、自分は相続人なのか、誰が相続人なのかを知りたいですよね。相続できる人は民法で定められていて、法定相続人と呼びます。相続に...
Copyright (C) よろず
閉じる