金融の豆知識

消費税がついに10%!増税のメリット・デメリットと準備したいこと

消費税が10%に!軽減税率とは?

日本の消費税は1997年4月に5%、2014年に8%に引き上げられました。そして、2019年10月からは10%まで上がる予定です。
およそ20年の間に5%上がることになりますが、これは同時に、家計の支出が5%増加するということです。
これまで消費税について無関心だった人も、日々の買い物や節約方法について、考えざるを得なくなります。

さて、今回(2019年)の増税には少し特殊な点があります。それが、軽減税率という仕組みです。
消費税増税における経過措置のことで、米、野菜、肉類、ミネラルウォーターなどの飲食料品や週2回以上発行される新聞などは、8%のまま据え置きされることになります。
家計の負担が急激に増えることを避けるための措置ですが、「いつ軽減税率が終了するのか」については明確に定まっていないようです。
(参考:「国税庁」

さて、この軽減税率も含め、消費税増税前に最低限の予備知識は持っておきたいものです。
以下、消費税増税のメリットやデメリットを解説しながら、私たちに日本人にどのような影響があるのかを見ていきます。

消費税増のメリット

○税収が安定する

消費税が増えれば国の税収が安定するというメリットがあります。世界の経済情勢が不安定な中、どの国でも税収の安定化は喫緊のテーマです。
日本では、消費税による税収が1999年から概ね安定していますが、10%になることでさらに安定性が増すと考えられます。
(参考:財務省・一般会計税収の推移

○社会保障が充実する

税収が増えることは、社会保障の充実化にもつながります。
日本には、年金・保険、団塊の世代が後期高齢者に入る2025年問題などの高齢者問題、保育の施設・人材不足、子育て支援といった子ども関連の大きな問題があり、社会保障の充実が急がれます。
増税によってこれらが充実化すれば、私たちの日常生活にも豊かさがもたらされるはずです。

○脱税リスクの軽減

あまり知られていませんが、消費税は脱税されにくい税金です。買い物をすれば自動的に支払いに含まれるお金なので、誤魔化すことは難しいのです。
仮想通貨の課税逃れやタックスヘイブン(税制回避)の乱用、といった税金・脱税に関する問題がテーマなっている昨今、国としては確実に税金を確保できるメリットがあります。

消費税増のデメリット

○購買意欲の減少

10%に上がることで、国民の購買意欲が低下するリスクがあります。特に年収500万円以下の低〜中下所得者と呼ばれる家庭では、今まで以上に買い物を控える傾向が強くなるでしょう。
そうなると、税収は8%のときと同じか、それよりも下がるかもしれません。
あくまで一時的な冷え込みに留まる可能性もありますが、「絶対に必要な物しか買わない」という消費者が増えれば、大幅な税収アップにはつながらないでしょう。

○中小・ベンチャー企業の負担増

中小企業やベンチャー企業の多くは、大企業の下請け会社として活動しています。例えば、細々と経営を続けている自動車の部品メーカーなどが、大企業から「消費財が上がった分、部品の価格を下げて欲しい」などと要求されても、抵抗することは難しいのが実情です。
そうなると、当然利益が減り、経営悪化につながります。
また、小・中規模のスーパーや飲食店などであれば、消費税増税分を販売価格に転嫁することで客足が離れる、といったデメリットも考えられます。

10%になる前に準備しておきたいこと

増税を迎えてから「支出が増えて首が回らない!」と焦らないように、今から準備を始めておくことが大切です。
考えられえる準備としては、以下のようなことがあります。

・支出を減らす(節約、禁煙など)
・収入を増やす(副業、パート・アルバイトに出る(主婦・夫)、など)
・家計の収支をチェックして計画的な買い物ができるように準備しておく(浪費をゼロにする)

これらはどれか1つだけではなく、並行して実践することで、10%増税による負担を大きく軽減できる可能性が高いです。

注意したいのは8%増税前にも話題になった、駆け込み需要です。特にマイホームや自動車といった大きな買い物については、「増税前に急いで買ったほうがいいんじゃないの?」と考えている人は多いと思います。
間違いではないのですが、駆け込み需要の増加によってモノの価格が上がることも考えられるため、「絶対にすぐに購入したほうがいい!」と断定することはできません。
ライフプランや収支を確認しながら、本当に必要なものを必要な時に買う、ということが何より大切です。
消費税10%というプレッシャーに踊らされて、後悔する買い物をしないように注意したいものです。

最終更新日 2018年12月14日 7690view
関連豆知識 : お金 節約 税金
   
関連エントリー
三大疾病に備える!保険の特徴や選ぶポイント
日本人の@s1@死亡原因の約40%@/s1@を占める、@s2@がん・心疾患・脳血管疾患の三...
借金は早く返そう!放っておくととんでもないことに…
借金は放っておくとどんどん増える仕組みになっています。 高い利子と、複利と言って利子に利子が...
子供保険は本当に必要?保険内容やメリット・デメリットを解説
「子供の将来のために、お金を貯めておきたい!」 そんな人が検討するべきなのが@s1@子供...
知っておかないと年金をもらえない人も!年金の基礎知識
「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならな...
主婦キャッシングとギャンブルの危険
主婦キャッシングがとても簡単に借りれるようになってきました。 総量制限というものが施行さ...
Copyright (C) よろず