金融の豆知識

がん保険に入るべき人とは?

「がん保険って入ったほうがいいの?」
「毎月お金を払うのはもったいない」
「でも、がんになったらどうしよう…」

「2人に1人が、がんにかかる時代」と言われていて、がん保険のテレビCMもよく見ますよね。
実際にがん保険に入るかどうか考えたことがある方も多いと思います。

がん保険に入っておけば、がんになった時にお金の面での不安が少なくなるのは事実です。

しかし保険ですから毎月お金がかかります。

現在加入していない方は、

「がん保険にお金を払うのはもったいない」
「がんにはかからないだろう」
「がんになったらその時はその時」

といった考えを持っているのではないでしょうか。

一方で、「がんになったらどうしよう」と思っているけど保険に加入していない方もいるはずです。

がんに対して不安を抱えている方は加入を検討すべきです。

「がんになったらどうしよう」と考えながら生きるのは精神的にも良くないですし、がん保険に入ることで不安が解消されるのであれば、入っておいたほうが良いと思います。

保険料は保障内容によって異なります。保障が手厚い保険は、保険料も高くなります。

保険料の安い保険は保障が少ないので、それでも十分なのか、保険料を上げてでも保障を充実させるべきなのか、自分にあった保険を探していきましょう。

「がん保険」の保障内容は?

がん保険というのは、その名の通り「がん」の保障に特化した保険です。

がん保険の主な保障内容は、

・がん診断一時金
・がん入院給付金
・がん手術給付金
・がん通院給付金
・がん先進医療特約

となっています。

一つずつ見ていって、自分に必要な保障内容をチェックしていきましょう。

がん診断一時金

がん診断一時金とは、「がん」と診断された時に給付されるお金です。
保障額は商品によって異なりますが、一般的なもので50万円~200万円が一時金として受け取れます。

診断一時金は使いみちも自由です。治療費や入院費などに当てることができて、お金の不安が和らぎます。

がん入院給付金

がん入院給付金とは、がん治療のため入院したとき給付されるものです。

例えば「日額1万円×入院日数」といった形で、入院の日数に応じて給付金が受け取れます。

通常の医療保険では、入院日数に制限がある場合がほとんどですが、がん保険の場合は基本的に「支払日数無制限」となっています。

がんになった場合、長期の入院になる可能性もあります。
長期の入院になると金銭面での不安が大きくなりますが、支払い日数に制限がない入院給付金が付いたがん保険に加入しておけば、金銭面での不安が減ります。

がん手術給付金

がん手術給付金は、がん治療のための所定の手術を受けた時に給付されます。
金額は商品によって異なりますが、1回につき入院給付金の10倍~40倍で設定されているものがほとんどです。

※三大治療まで保障されている商品もある

がんの治療方法は、手術療法、化学療法、放射線療法があって、これががんの三大治療と言われています。

手術の他に、放射線治療を受けると給付金が受け取れたり、抗がん剤治療やホルモン剤治療を受けた月ごとに10万円など給付金を受け取れる商品もあります。

がん通院給付金

がん通院給付金は、がん治療を目的とする所定の治療のための通院につき、受け取れるものです。

がんの通院保障は主に2つのタイプがあります。

・がん治療のための入院後に、通院した場合に給付金が受け取れるもの
・所定のがん治療を受けた場合、入院を伴わなくても給付金を受け取れるもの

現在のがん治療は、医療の発達によって通院での治療が増えてきています。
入院を前提とした保障内容の保険の場合、入院なしで治療を受けた時に給付金が受け取れないので、加入前にきちんとチェックしておきましょう。

がん先進医療特約

「先進医療」を受けた際に給付金が受け取れる、先進医療特約というものがあります。
先進医療は保険適用外なので高額になりますが、先進医療特約をつけておけば、先進医療にかかる技術料分の給付金が受けとれます。商品によって保障額は異なりますが、一般的な商品で最大2000万円となっています。

その他の給付金

・退院後療養給付金

がんで入院後に、療養のため退院した場合に受け取れる給付金。

・緩和療養給付金

がんによる身体的な痛みを緩和する治療を受けた時に受け取れる給付金。

自分にあった保険を

以上の保険内容から、自分にとって必要だと思うものを選んでいきましょう。
診断一時金だけで十分なら、保険料は安くすみます。
入院保障や通院保障をつけたい場合、毎月の負担は大きくなりますが、安心感も大きくなるでしょう。

どの保険に入れば、がんになったときの不安が解消されるのか。
しっかりと考えてがん保険を選びましょう。

最終更新日 2019年06月28日 948view
関連豆知識 : 保険
   
関連エントリー
がんになっても、がん保険がもらえない!?
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思いま...
保険はどこで契約するのが正しいのか 3つの販売窓口のメリット・デメリット
保険に加入したいと思っても、どこで契約するのかが分からないと加入できませんよね。保険の販売窓口...
がん保険に入るべき人とは?
@b@「がん保険って入ったほうがいいの?」 「毎月お金を払うのはもったいない」 「でも...
知っておかないと年金をもらえない人も!年金の基礎知識
「年金の構造は二階建て」と言われています。 将来年金がもらえない!なんていう事態にならな...
年金の繰上げ・繰下げ受給について|メリットとデメリットを解説
年金は、@s2@老後の安定した生活を支えるために必要不可欠な制度@/s2@です。 日本の...
Copyright (C) よろず