金融の豆知識

「キャッシュレスポイント還元制度」をカンタン解説!

2019年10月、消費税が10%に増税されました。
今回は軽減税率の導入など少し複雑なものになっていますが、「キャッシュレスポイント還元制度」というのも同時にスタートしています。

キャッシュレスポイント還元制度とは「キャッシュレス決済」で支払いをすると、その一部がポイントとして還ってくる(またはその場で値引き)という制度です。

キャッシュレス決済というのは、クレジットカードや電子マネー(Suicaなど)、QRコード決済(PayPayなど)のことです。
現金での支払いは、還元の対象になりません。

デビットカードも還元の対象です。
審査無しで持てるので、クレジットカードが苦手という人にもオススメですよ。

関連:クレカ嫌いの人にもおすすめ-デビットカードの魅力

ちなみにこのポイント還元制度ですが、期間があって2019年の10月から2020年の6月までの9ヶ月になります。

関連:クレジットカードの審査に落ちる原因

ポイント還元率

さて、気になるポイント還元率ですが、お店の規模や種類などによって変わってきます。

・個人、中小企業がが経営する店:5%
・コンビニ、外食などの大手チェーン:2%
・百貨店などの大企業:0%

また、「ポイント還元」と言っていますが大手コンビニ4社では、支払い時に2%分を差し引く「値引き」で対応します。
後からポイントが付くのではなく、その場で値引きされます。

「それってポイント還元なの?」という気もしますが、「キャッシュレス決済」を使うとお得なのは間違いなさそうです。

ちなみに『キャッシュレス・消費者還元事業公式サイト』にて登録加盟店が見れるのですが、チョット見づらいです。
登録加盟店にはキャッシュレスポイント還元のポスターなどが貼ってあることが多いので、実際にお店に行って確認するのも良いでしょう。

関連:ゴールドカードを持つメリット

還元額には上限がある

クレジットカード各社は、"ポイント還元額"の上限を月額1万5000円と定めています。

還元率5%のお店ですと、月30万円までの買い物分がポイント還元されるということになりますね。

なんでこんな制度が始まる?

消費税を増税すると、一時的に消費が落ち込むという傾向があります。
国としては消費が落ち込んで、景気が悪くなることを避けたいので、このような制度を導入して消費を促そうとしていると考えられます。

また、日本全体でキャッシュレス化を進めていきたいという思惑もあります。
2020年7月には東京オリンピックが始まりますが、日本は他の先進国に比べてキャッシュレス化が進んでいません。
クレジットカード決済をメインにしている外国人による消費を促すため、キャッシュレス化をいち早く進めたいのです。

常に最新情報をチェック

分かりにくい制度ですが、基本を抑えることは出来ましたか?
この制度については不完全なところもあって、これからいろいろと変更がある可能性があります。

常に新しい情報をチェックして、うまく制度を活用できるようにしていきましょう。

最終更新日 2019年09月06日 6280view
関連豆知識 : お金 節約
   
関連エントリー
デビットカードの魅力!クレカ嫌いの人にもおすすめの理由
デビットカードというのは、カード決済と同時に銀行口座からお金が引き落とされる仕組みのカード...
お金そのものに価値はない!お金はただの「交換手段」
「お金そのものに価値はない」と言われてもピンと来ないかもしれません。 勿論お金がないと生活で...
禁煙から約半年・・・20年間吸い続けたタバコをやめた感想
何かと増税の的になるタバコ。 ヨーロッパの中でも最もタバコの値段(タバコ税)が高いのは、...
収入が少なくてもこうすれば貯金できる!
よく、なかなかお金が貯まらないのは収入が少ないから…、と考えがちですが、収入がどうであって...
キャッシングの基礎知識
お金を使いすぎて欲しいものが買えなかったり、冠婚葬祭など突然の出費で困った経験はありませんか?...
トップページ | お問い合わせ
Copyright (C) よろず