金融の豆知識

NISAで株主優待銘柄を買うのはあり?

「株式投資始めたいけど、まだ口座を作っていない。株主優待の銘柄を持ちたいけど、NISA口座でいいの?」

そんな疑問にお答えします。

結論から言うと、以下の2つに当てはまる人は株主優待目当てでNISA口座を作ってOKです。

・今まで株を運用したことがない。
・まずは小さい金額で優待銘柄を持ってみたい。

NISAとは

NISAとは少額投資非課税制度のことで、毎年120万円の投資枠で最長5年間、投資から得た利益が非課税となります。
非課税投資枠は120万円×5年で最大600万円となります。

NISAのメリット

NISAのメリットは通常20.315%かかる「株の値上がり益と配当」の税金が非課税になることです。
「株主優待」自体は税金がかからないので、NISA枠で使うのはもったいないという人もいます。

これは正しい意見ですが、小さい金額から始めたい初心者の方はそもそも年間120万円の枠を使い切りません。
枠が余っていて使い切る予定もないのなら、株主優待銘柄で使ってしまったほうがお得です。

株主優待銘柄でも、配当がある場合がある

株主優待を行っている企業は、優待の他に配当を配っていることがあります。
NISA口座だと配当が非課税になります!
普通だと配当に対して20.315%課税されますから、これが非課税になるのは大きいですよね。

優待目的で株を持つ場合は、配当にも注目するようにしましょう。
配当も持っているだけで入ってくるお金なので、優待とセットで考えている人が多いです。

NISA口座だと売買手数料が無料の証券会社が多い

SBI証券、楽天証券、松井証券、DMM証券など、NISAによる売買手数料が無料のネット証券会社が存在しています。
普通だと手数料がかかってしまいますが、特定のNISA口座だと手数料無しで株が買えてしまいます!購入時に余計なお金がかからないのは大きいですよね。

NISAは長期投資向け

NISAの年間120万円の投資枠ですが、一度株を売ってしまった場合その枠は再利用できず、新たに枠を使うことになります。
つまり、NISAは短期で売買する人には向いていないのです。

つみたてNISAでは優待株が買えない!

NISAとは別につみたてNISAという制度があります。

(つみたてNISAについての詳しい説明はこちら)
「つみたてNISA」は老後資金を作るのに向いている?

つみたてNISAで買えるのは国が厳選した投資信託のみなので、優待がある一般株式を買うことは出来ません! 優待目的の人は間違えないようにしましょう。

株価が値上がりしていたら売ってしまうのも手

NISA口座で買った商品は手続きをしないと5年後に特定口座に移されます。
また新たにNISA枠を使っても良いのですが、株価が値上がりしていた場合は大きく枠を圧迫することになります。
そうなる前にいっそのこと株を売ってしまって利益を得るのも良いでしょう。期間内であれば非課税です。

優待目的で買った銘柄でも、株価が上がったら売ってしまうのも手です。
しかし、枠が小さいので何度も取引できない点には注意。
また、長期保有すると優待がグレードアップするものもあるので、そういった銘柄は売らないほうが良いでしょう。

制度をうまく活用して利益を狙う

NISAの良いところは非課税で、特定の会社だと売買手数料が無料と優遇されているところにあります。
上手く活用できれば、優待や配当によって普段の生活にちょっとした幸せを加えることが出来るでしょう。

買いたい商品が見つかっときにすぐ買えるように、口座だけでも開設しておくことをオススメします。

最終更新日 2019年10月17日 5054view
関連豆知識 : お金 投資
   
関連エントリー
百貨店のクレジットカードはお得?メリット・デメリット
百貨店に対して、@s2@「扱っている商品の値段が高い」、「若者より年配の人が多い」@/s2...
相続法が40年ぶりに改正!知っておくべきポイント4つを解説
相続に関するトラブルは、@s2@どの時代でも必ず起こっています。@/s2@特に近年は、家族...
収入が少なくてもこうすれば貯金できる!
よく、なかなかお金が貯まらないのは収入が少ないから…、と考えがちですが、収入がどうであって...
お金が貯まらない人の特徴はコレ!5つの特徴と貯めるコツ
@s2@お金が貯まらない人には、いくつかの共通点があります。@/s2@お金を貯めたい人は、...
NISAで株主優待銘柄を買うのはあり?
@b@「株式投資始めたいけど、まだ口座を作っていない。株主優待の銘柄を持ちたいけど、NIS...
トップページ | お問い合わせ
Copyright (C) よろず