金融の豆知識

消費者金融やローン、財テクについて。キャッシングで損しない為に必要な豆知識。
貯金がない人ほど生命保険を検討すべき理由
生命保険を検討すべきと言われても、毎月の出費を考えるとなかなか踏み出せません。特に貯金がない場合は、保険料は無駄な出費に思えるかもしれません。しかし、貯金がない人ほど生命保険を検討すべきなのです。なぜなら、もしもの事があった時に残された人達がお金がなくて困ってしまうからです。
生命保険の終身保険と定期保険の違いは?メリット・デメリットを解説
生命保険には終身保険と定期保険がありますが、どちらを選べば良いのでしょうか。終身保険と定期保険にはそれぞれ特徴があります。終身保険と定期保険のメリット・デメリットを抑えて、自分に合った保険を選びましょう。
消費者金融の選び方
お金を使いすぎてしまい欲しいものが買えなかったり、突然の出費で困った経験はありませんか?人がお金を借りたい理由はさまざまですが、そんな時にお金を融資してくれる賃金業、それが消費者金融です。小額ならばその日のうちに融資を受けられ大変便利です。
「終身医療保険」「定期医療保険」はどっちに加入するのがいいの?メリットとデメリット
もしもの時に備えて医療保険に入っておこう考えた時に、あなたは何を重視するでしょうか。保障の期間や保険料など、保険によって違いがあります。医療保険は大きく分けて終身医療保険と定期医療保険の2つがあります。どちらに加入するのが良いのでしょうか。それぞれのメリット・デメリットを説明します。
保険はどこで契約するのが正しいのか 3つの販売窓口のメリット・デメリット
保険に加入したいと思っても、どこで契約するのかが分からないと加入できませんよね。保険の販売窓口は大きく分けて3つあります。 ①保険会社の対面営業②複数の保険会社と代理店契約を結んでいる乗合代理店③インターネットでの申し込みによるネット保険 それぞれのメリット・デメリットを見ながら自分に合った窓口を選択しましょう。
保険を見直すべき4つのタイミングと保険を見直す3つの方法
保険に加入してから、一度も保険の見直しをしたことがない方も多いのではないでしょうか。保険はライフステージごとの見直しが必要です。独身の時と結婚して子供が生まれた時とでは事情が異なりますよね。現状のままでは足りないかもしれませんし、逆に必要以上に保険に入ってしまっているかもしれません。
おまとめローンで一本化
消費者金融のキャッシングサービスは小額ならばその日のうちに融資を受けられ大変便利です。 ですが、簡単がゆえに、複数の業者から借り入れをしてしまい、返済が大変になってしまうケースがあります。 そんな場合には『おまとめローン』の利用を検討しましょう。
ある日突然、あなたの銀行口座が凍結されたら!?
ある日突然、生活費などを入れている銀行口座が凍結されたら困りますよね? オークションなどで利用している銀行口座が凍結されるという事態が起こっています。
ヤミ金に苦しんでいるなら、弁護士介入がベスト
ヤミ金に苦しんでいる人がとても増えていると言われています。消費者金融の規制が強くなると、ますますヤミ金が活躍するという状況になっているようです。
生前贈与による相続対策をしよう
生きているうちに相続対策をしておこうという方もいらっしゃると思います。最も身近な相続対策は生前贈与です。生前贈与とは、生きているうちに財産を贈与して移転させることをいいます。
過払い請求
消費者金融などでお金を借りた際は、金利が発生します。 利息制限法で定められている利息の上限は、 10万円未満の場合20%、50万円~100万円未満の場合18%、 100万円以上の場合15%でが、この制限が守られず、出資法で定められている上限29.2%で貸付を行っている場合があります。 この場合は超過利息を支払っている可能性があり、過払い請求として払いすぎた利息分を請求する事ができます。
相続税かかる・かからないの分岐点はどこ?
相続税という言葉はテレビなどでもよく聞きます。自分も相続人になった時は相続税を支払うことになるのか、知っておきたいですよね。相続税は相続した人全員が支払っているわけではありません。相続税は基礎控除額を超えた場合のみ支払うことになります。 2013年に相続税を支払った人の割合は4.3%です。しかし2015年に相続税の基礎控除額が縮小されたので、課税する人の割合も増えることになります。
遺言が全てではない 遺留分で相続が保証されている
亡くなった夫の遺言書に「愛人に全財産を相続する」と書いてあったらどうなるでしょうか。ドラマでありそうな展開ですが、遺留分によって財産の取得を保証されているので、財産の一部を取り返すことが出来ます。遺留分は相続人によって異なります。
«前へ   1  2  3  4  5   次へ»
   
Copyright (C) よろず
閉じる