自動車の豆知識

「ネット自動車保険が安いのはなぜ?」疑問に答えます

最近テレビで「ネット自動車保険」のCMを見ることがよくありませんか?「通販型」とも呼ばれ、一度は耳にしたことがあると思います。
CMなどでは保険料の安さをうたっていますが、どんなカラクリがあるのでしょうか。

この記事では自動車保険の「通販型」と「代理店型」の違いと「ネット自動車保険」が安い理由を解説していきます。

通販型自動車保険とは?

通販型(ダイレクト型)自動車保険というのは、インターネットや郵送、電話などで申し込みするタイプの保険を言います。
店舗に足を運んだり、担当者と直接会うこと無く契約が完了するのが特徴です。
時間にとらわれることが無いので、仕事が終わった遅い時間や休みの日などに申し込みができます。
契約するためにわざわざ時間を作って人と合うのが面倒だと感じる方や、担当者に高い保険を勧められるのでは…と感じる方にとって、通販型は魅力的です。

代理店型自動車保険とは?

代理店型は対面型の販売方式で、実際に代理店に行ったり、担当者に自宅やカフェに来てもらったりして保険の契約をします。
担当者の顔を見て話したり、分からない事などを聞きながら契約することが出来るので、じっくりと説明を聞きながら契約したい人にとっては、代理店型のほうが良いかもしれません。

通販型が安いのはなぜ?

通販型が安い理由は、代理店型に比べて「人件費や店舗の経費」がかからないからです。

保険料というのは、保険金に支払うための「純保険料」と保険会社の運営経費である「付加保険料」によって決まっています。
通販型の場合は店舗が無い分、代理店型に比べて「付加保険料」が安くすむので、全体の保険料も安くなっているのです。

自動車保険の項目

ここからは自動車保険の項目を見ていきましょう。

・対人賠償責任保険

相手を怪我させたり、死亡させてしまった場合の補償です。

・対物賠償責任保険

相手のもの(車など)を壊してしまった場合の補償です。

・人身傷害保険

自身が怪我をしてしまった場合の治療費や、仕事を休むことになった場合の補償などです。

※搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、人身傷害保険に補償が上乗せされるものと考えましょう。 事故の後、保険金がすぐに受け取れるなどのメリットがあります。

・車両保険

自分の車が壊れてしまった場合の補償です。

補償内容を抑えることによって保険料を下げることが出来ます。
逆に補償を手厚くすると保険料も値上がりします。
何でもかんでも保険料を安くすればいいというわけではないので、きちんと自分に合ったものを十分に検討しましょう。

自動車保険料が変わる項目

自動車保険料は等級や車種、年間走行距離などによっても変わってきます。

・等級

等級というのは、事故の実績によって1~20段階に区別されるもので、等級が高いと保険料も割引されます。
はじめて自動車保険に加入するときは6等級からスタートし、事故がなければ毎年1等級ずつ上がっていきます。

事故によって自動車保険を使った場合、事故に応じて等級が下がってしまい、保険料が高くなってしまいます。

また、無事故係数といって事故を起こしたことがない人は更に保険料が割引されます。

・車種

乗っている車の種類によって、保険料が変わります。
事故が多かった車種や、盗難が多かった車種は保険料が値上がりします。保険料を下げたい場合は「利率クラス」が小さい車種を選ぶと良いでしょう。

・年間走行距離

年間走行距離が多いほうが事故に遭う確率が高くなるので、保険料が高くなります。

その他、年齢や性別、使用用途などによっても保険料が変わってきます。

普段から安全運転を心がけるのはもちろん、車種にこだわりがなければ保険料の安い車を選ぶことで保険料を抑えることが出来ます。

保険料を抑えたいなら「ネット自動車保険」がオススメ

ここまで見てきましたが、単純に保険料を抑えたいなら通販型のネット自動車保険がオススメです。
補償内容を自分で選ぶことになるので、自分にピッタリなものをじっくりと見極めましょう。
自動車保険会社の各サイトでは、オススメのプランなども紹介されています。一度試しに見積もりをしてみると良いでしょう。

最終更新日 2019年11月01日 3364view
   
関連エントリー
相続税がかかる財産と相続税がかからない財産がある 相続財産の調査方法
相続した財産すべてに相続税がかかるのでしょうか、実は相続税がかからない非課税財産があります。相...
百貨店のクレジットカードはお得?メリット・デメリット
百貨店に対して、@s2@「扱っている商品の値段が高い」、「若者より年配の人が多い」@/s2...
借金は早く返そう!放っておくととんでもないことに…
借金は放っておくとどんどん増える仕組みになっています。 高い利子と、複利と言って利子に利子が...
電気代の掛からない防寒対策
『冬は1年でもっとも電気代がかかる季節』だということを知っていましたか? もちろん地域に...
子供を大学に行かせたい…将来のために学資保険を活用しよう
「子供の将来のために、お金を貯めておきたい!」 そんな人が検討するべきなのが@s1@学資...
トップページ | お問い合わせ
Copyright (C) よろず