美容・健康の豆知識

満腹感で楽々!キャベツダイエット

キャベツの食物繊維が満腹感をもたらす!

キャベツダイエットでは、ざく切りにしたキャベツをメインのおかずやご飯の前にたっぷり食べます。 そうすることで、キャベツの食物繊維がお腹を満たし、全体の食事量を抑えることができるというダイエット方法。

ここでは、そんなキャベツダイエットのコツと、食物繊維がもたらす体への美容効果について取り上げてみたいと思います。

キャベツダイエットのコツ

キャベツは3cm角の四角に切り、水に晒してタッパーなどにまとめて切って冷蔵庫に保存すると、食事の時にすぐに食べられます。 そのカットしたキャベツを必ず、メインの食事を食べる前にたくさん召し上がるということ。 食べる量の目安や、大体キャベツ1玉の4分の1。これにドレッシングをつけながら召し上がると食欲が抑えられます。

☆良く噛んで食べることで満腹中枢を刺激する

このキャベツダイエットのポイントは、大きめに切ったキャベツを食事の前に良く噛んで食べるというところ。 キャベツを大きく切ることで、噛む回数が増え、満腹中枢を満たせます。 「食事を摂った」という指令が満腹中枢と呼ばれる器官に届くことで、メインの食事をあまり食べずに満足感を得られることができます。

☆ドレッシングで味を変えてもOK!

味に飽きてしまうのを防ぐために、ゴマドレやフレンチなどの色々なドレッシングを使って味を変えると飽きずに食べられます。 キャベツ自体はカロリーが少ないので、ドレッシングはノンオイルにこだわる必要はありません。 好みのドレッシングをかけてキャベツをたっぷり召し上がりましょう。

整腸作用のあるキャベツの食物繊維

キャベツに含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維といいます。 この成分の働きは、胃や腸の中で水分を吸収して膨らみ、満腹感をもたらす効果があります。 また、ビフィズス菌を腸の中で増やす働きがあり、整腸作用により、便通の改善にも期待ができる優れた食べ物なのです。
不溶性食物繊維はキャベツの他にも、ごぼうやレタス、大根などの野菜類に多く含まれていています。 キャベツの味に飽きたら、ごぼうやレタスを使ったサラダを食前にたくさん召し上がるといいでしょう。

最終更新日 2013年10月29日 20688view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : ダイエット 美容
   
関連エントリー
炭水化物ダイエットとはまた違う!冷えた炭水化物によるダイエット
いろいろなダイエットがある中で、最近注目されているダイエットが冷えた炭水化物ダイエットです...
育毛剤の正しい使い方と自分でできる3つの対策
抜け毛・薄毛になる原因のトップは「遺伝」です。 西洋医学の分野では、遺伝的に男性ホルモン...
ニキビや肌荒れの原因は洗顔かも?7ステップの「正しい洗顔方法」
・乾燥肌で頬周りがカサカサしてしまう ・ぎとぎと脂っぽい脂性肌になっている ・毛穴の開...
恋人にしたい女に!男ウケするファッションでモテ女を目指そう
人に対する印象ってどこで決まるかわかりますか? 電車の中や歩いている人を見渡してみましょ...
ヨガの種類とその効果は?自分にぴったりのヨガを選ぼう
5000年以上も昔のインドで行われていたヨガは、中国へ渡り、アメリカのセレブたちの間で流行...
Copyright (C) よろず