美容・健康の豆知識

顔のむくみを取って“小顔”になれるマッサージ

朝起きたときに、顔がむくんでいることはありませんか?

朝起きたときに、顔がむくんでいることはありませんか? 顔のむくみの原因は、皮膚の下に水分がたまった状態で、寝ている間の姿勢なども関係があるみたいですよ。

顔のむくみを取って“小顔”になれるマッサージをご紹介します。

顔のむくみを取るマッサージ

1、マッサージは、「人差し指・中指・薬指」の3本を揃えて行います。
2、顔の中心から外へ向けて、指先をすべらせてください。
鼻→ほほ→耳
鼻→額→髪の生え際
唇→あご→首筋
という流れです。 それぞれ5回ほど、繰り返してください。 イメージとしては、顔の中央から頭の後ろに、顔にたまった水分を移動させる感じです。 毎日マッサージを続けることで、小顔になれると思いますよ。

クマをなくすマッサージ

目のまわりは、顔の中でもとくにデリケートなので、マッサージは顔と分けて行います。 目の下にクマができている人は、血行不良です。
目頭→目尻→下まぶた
の流れで、まぶたのまわりを中指でマッサージしてください。 くれぐれも、強く押しすぎないようにしましょう。

マッサージの注意点

マッサージを行う際の注意点ですが、顔の皮膚は薄いので、ローションをぬってすべりを良くして行うようにしてください。 強くこすると、肌に負担をかけてしまいます。
乾燥肌の人はローションの量を多めに、オイリー肌や肌の丈夫な人は、少なめでもいいかもしれませんね。 マッサージの前には、手をよく洗ってからはじめてください。手には雑菌がたくさんついています。 また、冷たい手で行うのではなく、手のひらを温めてからマッサージしてください。

2013年11月05日 25309view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : マッサージ
   
関連エントリー
「毎日の習慣が美脚を作る!自分で続けるマッサージ」
立ち仕事をしている人、座りっぱなしで一日を過ごすことが多い人の大敵、脚のむくみ。疲れている...
疲労回復に抜群の作用!スポーツマッサージ
筋肉を柔らかくし、関節の稼動域を大きくする「スポーツマッサージ」というものをご存知でしょう...
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
Copyright (C) よろず
閉じる