美容・健康の豆知識

ふくらはぎ、もむだけ健康法

ふくらはぎのマッサージで冷えやむくみを解消

ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており、ここをもむことによって血行が良くなり、冷えやむくみを解消するということです。 お風呂あがりや寝る前など、また、脚がむくんでいるときなどにふくらはぎをもみほぐすとよいでしょう。

下半身に集まりやすい血液

血液は重力により下半身に集まりやすいので、長時間同じ姿勢を続けていると血液が滞ります。 足に血液がたまると、全身にまわる血液の量が少なくなり、ほかの重要な器官に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。 これを防ぐには、ふくらはぎをもみほぐすことです。
ふくらはぎが硬くなっていたり、冷たい場合は要注意なので、さわってみてください。 さわってみないと、足の感覚がマヒしている場合、症状が重くても気づけないことがあります。 とくに、立ち仕事をしていたり、長時間車の運転をしている人は気をつけてください。

ふくらはぎのもみ方

①床の上に腰を下ろして、両足をまっすぐ伸ばしてください。
②右足のひざを曲げて、ふくらはぎの内側を手元に引き寄せます。
③両方の手のひら、または親指でふくらはぎの内側から外側、足首のあたりからひざに向かって、ゆっくりと押していきます。
④ひざ下まできたら、今度は足首に戻ります。
⑤右足が終わったら、同じ要領で左足をもみほぐしましょう。

右足、左足ともに、3分程度もんでください。 ついでに、足の裏ももんでおきましょう。足の裏には、多くのツボが集まっています。 ご家族がそばにいらっしゃる場合は、うつぶせに寝てもんでもらうとより効果的です。

2013年12月25日 25551view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 マッサージ
   
関連エントリー
季節の変化に早めに体を慣らす方法
季節が移行する春や秋は過ごしやすい反面、朝晩の気温差も大きく、疲れやすかったり風邪をひきや...
のどが痛くなった時の効果的な対処法
のどが痛くなったら、そのまま風邪に突入…。という人は多いのではないでしょうか?特に空気が乾...
口臭の原因を知って予防・改善をしよう
口臭は人間関係まで壊すこともあると言われています。やはりさわやかな息は誰でも気持の良いもの...
人は食事で全てが満たされた気になる?満たされない欲望と過食の関係性
「ストレス太り」という言葉を耳にしたことがあるという人は多いと思います。 このストレス太...
視力を良くする方法
ネットでもテレビでも、視力回復方法についての情報があふれていますね。ところで、視力は訓練次...
Copyright (C) よろず
閉じる