美容・健康の豆知識

ふくらはぎ、もむだけ健康法

ふくらはぎのマッサージで冷えやむくみを解消

ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており、ここをもむことによって血行が良くなり、冷えやむくみを解消するということです。 お風呂あがりや寝る前など、また、脚がむくんでいるときなどにふくらはぎをもみほぐすとよいでしょう。

下半身に集まりやすい血液

血液は重力により下半身に集まりやすいので、長時間同じ姿勢を続けていると血液が滞ります。 足に血液がたまると、全身にまわる血液の量が少なくなり、ほかの重要な器官に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。 これを防ぐには、ふくらはぎをもみほぐすことです。
ふくらはぎが硬くなっていたり、冷たい場合は要注意なので、さわってみてください。 さわってみないと、足の感覚がマヒしている場合、症状が重くても気づけないことがあります。 とくに、立ち仕事をしていたり、長時間車の運転をしている人は気をつけてください。

ふくらはぎのもみ方

①床の上に腰を下ろして、両足をまっすぐ伸ばしてください。
②右足のひざを曲げて、ふくらはぎの内側を手元に引き寄せます。
③両方の手のひら、または親指でふくらはぎの内側から外側、足首のあたりからひざに向かって、ゆっくりと押していきます。
④ひざ下まできたら、今度は足首に戻ります。
⑤右足が終わったら、同じ要領で左足をもみほぐしましょう。

右足、左足ともに、3分程度もんでください。 ついでに、足の裏ももんでおきましょう。足の裏には、多くのツボが集まっています。 ご家族がそばにいらっしゃる場合は、うつぶせに寝てもんでもらうとより効果的です。

2013年12月25日 24954view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 マッサージ
   
関連エントリー
読書の秋!視力を守るには?
「本は目から離して!」と言われて育った方は多いのではないでしょうか?一方で、目から近い距離...
歯磨き粉での歯磨きだけでは虫歯を防げない!?
虫歯予防に歯ブラシに歯磨き粉を盛り、ゴシゴシブラッシング。 実はこれだけでは虫歯菌は死な...
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
春先に増える!?あなたの「かくれ不眠度」を診断
春先になってあたたかくなってくると、なぜか通勤電車の中などで寝不足ぎみの人が目立つようにな...
食事の順番を変えるだけで肥満・糖化を防止!べジ・ファースト
40代以降に増えてくる顔や体のしわ、たるみ。これらを引き起こし、老化を早める原因にもなるの...
Copyright (C) よろず
閉じる