美容・健康の豆知識

ノロウィルスの季節がやってきた!予防 対策方

ノロウィルスの予防 対策

今年も、ノロウィルスの季節がやってきました。 毎年、11月から3月ぐらいまでの間に感染者が増加します。 ノロウィルスは人や食品などから感染し、「吐き気、おう吐、下痢、腹痛」といった症状が出ます。 健康な人は回復が早いようですが、お年寄りや子供などは重症になるおそれがあります。

ノロウィルスにかかったら?

感染から発病までの潜伏期間は、平均1~2日です。 ノロウイルスには抗ウイルス薬がないので、排泄物と一緒にノロウイルスが体外に出てしまうまで待つしかありません。 下痢がひどいからといって、下痢止め薬などを使用すると回復が遅れることがあるので、使用しないようにしてください。
また、かかった人の吐ぶつや便などからも感染するので、感染を広げないように処理することが大切です。 かかった人の衣類や寝具類は、ほかの人の洗濯物と分けて洗うようにしてください。

病院に行く場合は?

ノロウイルスにかかった人は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗しないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。 脱水症状がひどい場合は、病院で点滴を行うなどの治療が必要になります。
ただし、風邪だと思って病院に行って、多くの人に感染させてしまう場合がありえます。 病院に行く際にノロウイルスが疑わしい場合は、電話をかけて相談してから診察してもらった方がよいかもしれません。

ノロウィルスの予防法

・食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗いましょう。
・加熱が必要な食品は、中までしっかり火を通してから食べましょう。
・調理器具などは使用後によく洗い、殺菌して使いましょう。

ノロウィルスを死滅させるには、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がありません。 調理器具を加熱消毒するか、塩素系の漂白剤の使用が有効です。 外食やホテルなどで食事してノロウィルスにかかった例もありました。 調理人がノロウィルスにかかっていたりすると、被害が拡大します。 中まで火の通っていない食材や生食には、十分に注意しましょう。

2013年12月27日 13282view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 冬季 病気
   
関連エントリー
根性だけじゃ絶対にやめられない ~パチンコの正しいやめ方~
つい最近まで、世間では、パチンコはただの遊びの1つという認識がありました。 しかし、パチ...
愛着障害が恋愛を邪魔する
愛着障害ということをご存じでしょうか。精神障害疾患ではなく多くの一般の人の中にも、この愛着...
朝、気持ちよく起きるには?
同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。 一...
がんになっても、がん保険がもらえない!?
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思いま...
寒い季節に安眠するには?間違った知識は健康・美容リスクのもと!
@s2@睡眠が重要@/s2@というのは、今や私たちの常識になりました。 この常識をもっと...
Copyright (C) よろず