美容・健康の豆知識

飲んでも酔うな!二日酔いの予防法

二日酔いの予防法

お酒を飲む機会が増える年末年始、花見の席などはほろ酔い加減で、ご機嫌な人でいっぱいです。 しかし、翌日は二日酔いで、吐き気や頭痛などの症状に悩まされる人も少なくありません。 二日酔いになりやすい人となりにくい人がいるようです。 二日酔いは、どうして起こるのでしょうか?

二日酔いが起こる理由

お酒を飲むと、お酒に含まれているアルコールは、アルコール脱水素酵素によって「アセトアルデヒド」に分解されます。 さらに、アセトアルデヒドは、「酢酸」、「二酸化炭素」、「水」に分解されて、体外へと排出されます。 このアセトアルデヒドは毒性が強いらしく、これによって引き起こされる症状が二日酔いというわけです。

お酒に強い人と弱い人

お酒に強い人と弱い人がいますが、アルコールの分解能力(アセトアルデヒドの代謝能力)には個人差があるみたいです。 アルコールの分解能力が低いと体内に残る確率が高くなり、二日酔いになります。 生まれつき「飲めない体質」の人もいるようですから、忘年会や新人歓迎会などで無理に勧めるのはやめた方がよさそうです。
飲める体質かどうかを知る方法ですが、バンドエイドに消毒用アルコールを2~3滴しみ込ませて、それを二の腕のやわらかい部分に貼ってみてください。 飲めない体質の人は、はがした部分が赤くなります。

二日酔いを予防するには?

空腹のままお酒を飲み続けると二日酔いになりやすいらしいので、飲酒中はおつまみを食べながら飲むようにしましょう。 飲む前に軽く食事をしたり、オリーブオイルやバターなどの脂質を摂ることで、アルコールの吸収を遅くすることができます。 ちなみに、「牛乳を飲むと良い」などと言われますが、脂肪分が少ないので効果は薄いみたいです。
また、アルコールの吸収を遅くするために、お酒をゆっくり時間をかけて飲むことです。 飲んでしまった後で二日酔いを防ぐのは難しいので、飲む前にアルコールの吸収を遅くすることを心がけるようにしてください。

2013年12月27日 40033view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
仕事や就活でうつ病になりやすい人の3つの特徴とは?解決策も紹介
深刻な現代病の1つと言われる「うつ病」。 ここで言ううつ病とは、10代の若者によく使われ...
親の介護について知っておきたいこと
誰もが年をとるのは当たり前とわかってはいても、自分の親に関しては認めたくない心理が働くのも...
厳選5つ!自宅でできる効率的な筋トレ方法
「モデルやスポーツ選手のようにカッコいい体になりたい!」と思って筋トレを始めたものの、1週...
虫歯や口臭の原因になるドライマウス
ドライマウスはいわゆる口が渇く症状ですが、目の乾くドライアイの人はなりやすいともいわれてい...
朝、気持ちよく起きるには?
同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。 一...
Copyright (C) よろず
閉じる