美容・健康の豆知識

てごわい便秘を解消!3分間マッサージ

便秘を解消させる方法

3日以上お通じがない場合に、“便秘”といわれるみたいですね。 1週間も腸内にためこんでしまうと、水分をどんどん吸収されて重症化します。

便秘を解消させる方法ですが、食物繊維を多く含んだ食事をするとか、運動が必要です。 さらに、マッサージを行うことも効果的です。 便秘を解消するためのマッサージをご紹介します。

イスに座って行うマッサージ

①おへそを中心に、時計回りにぐるぐる10回ほどさすってください。
②おなかをおもいっきりふくらませます。
③次は、ふくらませたおなかをヘコませてください。
②と③をセットで、10回ほど繰り返してください。
デスクワークで、仕事の合間などにマッサージするのもいいと思います。 気分転換になります。

立ったまま行うマッサージ

①両手をウエストに置いて、わき腹をもみほぐしましょう。
胸の下あたりからもみほぐしはじめて、おしりの上ぐらいまでもみほぐしていきます。 ②次は、おしりの上から胸の下あたりまで、もみほぐしていきます。
①と②をセットで、10回ほど繰り返してください。

寝ながら行うマッサージ

①あおむけに寝ておへそを中心に、時計回りにぐるぐる10回ほどさすってください。
②おへその上あたりから太ももの付け根に向けて、手のひらでぐーっと圧力をかけながらマッサージしてください。
これも、10回ほど繰り返してください。 朝起きたとき、ベッドの中で。また、夜寝る前にマッサージすると、おなかがあったかくなります。 毎日マッサージしてみて効果が出ない場合は、回数を増やしてみてください。

2014年01月15日 16477view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 マッサージ
   
関連エントリー
無農薬野菜と有機野菜どっちがいいの?
できるだけ農薬が少ない安全な野菜が食べたいと思っている人はたくさんいます。 特に小さな子どもを持つママたちは真剣に考えているはずです。...
無農薬野菜の落とし穴
無農薬野菜というと、まったく農薬を使ってない農法での野菜です。また、よく比べられるのが有機農法の野菜です。
寝付けないときに眠るテクニック
寝付くためのテクニックについてお話しする前にひとこと。寝付けないことが頻繁にある場合、その原因を除去することが何より大切です。
鬱になりそうなときは嫌でも外に出ること
鬱になりそうなとき、鬱状態かなと思ったときには、無理にでも外に出ることが大切と言われています。 なぜ外がいいのかなど考えていきましょう...
食事の順番を変えるだけで肥満・糖化を防止!べジ・ファースト
40代以降に増えてくる顔や体のしわ、たるみ。これらを引き起こし、老化を早める原因にもなるのが「肥満」や「糖化」です。
Copyright (C) よろず
閉じる