美容・健康の豆知識

「火葱」と呼ばれるラッキョウの効果は?

昔から薬用植物として利用されてきた健康食品

甘酢漬けとして食卓に乗ることの多いラッキョウですが、殺菌や利尿、発汗、整腸などさまざまな薬効があり、昔から薬用植物としても広く利用されてきた健康食品です。

原産地である中国でのラッキョウ栽培の歴史は長く、明(みん)の時代(1368~1644年)の薬学書「本草網目」には、「火にくべて食べるので、世俗では火葱(ひねぎ)と呼んでいる」とラッキョウを紹介し、「煮て食すれば寒さに耐え、中(おなか)を調え、不足を補い、下痢を止め、人を肥健にする」、「身を軽くして飢えず、老いに耐えしむ」など様々な健康効果が記されています。
日本でも、江戸初期に宮崎安貞が著した「農業全書」に、ラッキョウの薬効について「学問する人が食べれば、神に通じ魂魄(たましい)を安ずる」と書かれています。「老いに耐えしむ」というのは、今でいうアンチエイジング。「魂魄を安ずる」というのは不眠防止につながるものです。

「畑の薬」とも言われる薬効成分は特有の香りの中に

「畑の薬」とも言われるラッキョウの薬効成分は、特有の香りの中に含まれています。香りの正体は、ネギ類共通の硫化アリルという成分。
硫化アリルは殺菌効果に加え、ビタミンB1の吸収を助け、血行を良くして循環器系の機能を正常化するほか、疲労回復や夏バテ防止に役立ちます。ただ、栄養価的にはあまり見るべきものはありません。
なお、スーパーなどでは若取りしたものがエシャレットの名前で香味野菜として売られますが、ヨーロッパのエシャレットは玉ネギの仲間で、ラッキョウとは全く別物です。

2014年01月23日 16608view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 健康食品
   
関連エントリー
朝、気持ちよく起きるには?
同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。 一...
マスクだけじゃない!たくさんある花粉症対策
花粉症がアレルギーの1つだということは広く知られていますが、そのメカニズムについてはあまり...
ヨガの種類とその効果は?自分にぴったりのヨガを選ぼう
5000年以上も昔のインドで行われていたヨガは、中国へ渡り、アメリカのセレブたちの間で流行...
ジョギングがダイエットに効果的な本当の理由と正しい実践方法
「健康的にダイエットがしたい!」と望んでいる人は多いです。そんな人たちが、まず思いつくのが...
スマホの見すぎで起きる「VDT症候群」
ヒマな時間にスマホを見るのが習慣となってしまっている現代人に、「VDT症候群」という病気が...
Copyright (C) よろず