美容・健康の豆知識

春先に備えた花粉症予防!甜茶で目のかゆみと鼻水を改善できる?

花粉症を甜茶で撃退!

春先になると、アレルギー性鼻炎持ちの人を悩ませる花粉症。 くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなど、人前に出るのをためらってしまうほど、こすりすぎた目や鼻が赤く腫れてしまいます。

筆者である私も毎年この花粉症に悩まされる1人なのですが、私の場合、鼻の中が炎症を起こしてしまうのか、鼻血まで出やすくなる始末です。 そんな、花粉症を治そうと、今年から飲み初めているのが甜茶という飲み物。 知人から「花粉症に効くよ!」と勧められたのがきっかけです。
甜茶を飲んでいる知人の話だと、花粉症の時期に差し掛かる数ヶ月前から飲み続けた結果、その年は花粉症に悩まされることが無かった、ということをいっていました。

そもそも甜茶とは?

甜茶は中国茶の一種で、飲むと、砂糖が含まれているわけではないのに、独特な甘みを感じる不思議なお茶です。
少々漢方のような風味がありますが、甜茶の甘みが薬膳風味をマイルドにしてくれていて口当たりは程よくまろやか、比較的飲みやすいお茶だと思います。

この甜茶は、最近では最寄のドラッグストアで手軽に手に入ります。 バラ科キイチゴ属の「甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)」という植物と原料の甜茶が、花粉症の改善を促す効果があるとされている種類です。
この種類の甜茶には「甜茶ポリフェノール」という成分が多く含有されていて、これが花粉症の改善を促す効果が期待できるといわれています。

甜茶ポリフェノール~ヒスタミン抑制作用~

甜茶に含まれているポリフェノールには、花粉症の元となるヒスタミンの働きを抑える働きがあるそうです。 ヒスタミンとは、身体の中にある生理活性物質のひとつで、普段は、体外から侵入してくる細菌やウイルスを撃退するための指令を行う物質のこと。
仮に全くヒスタミンが働かないとすると、ウイルスに対しての抗体が体内に生まれないため、すぐに病気にかかってしまいます。

ヒスタミンは、鼻や口、目の粘膜から入り込んだ花粉をウイルスと間違って判断し、過剰な抗体反応を起こしていまいます。 つまり、激しい目のかゆみや鼻水・鼻詰まりは、ヒスタミンの勘違いから引き起こされるのだと考えられているのです。
ヒスタミンを抑えるポリフェノールを含んだ食品は、甜茶の他にトマトにも多く含まれているようです。
あくまで民間療法なので、効果には個人差があると思います。 ただ、注射のように痛くなく、もし治れば鼻スプレーや目薬を持ち歩かなくても済みますので花粉症の方は試してみるといいでしょう。

2014年03月11日 7089view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 健康食品 病気
   
関連エントリー
こんな服装はNG!?子供の卒業式で気をつけたい母親の服装マナー
お子様のご卒業、おめでとうございます。春が訪れると、いよいよ卒業式の日が近づいてきます。 ...
がんになっても、がん保険がもらえない!?
日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思いま...
季節の変化に早めに体を慣らす方法
季節が移行する春や秋は過ごしやすい反面、朝晩の気温差も大きく、疲れやすかったり風邪をひきや...
ヒジキは不老長寿のサプリメント
ヒジキは褐藻類ホンダワラ科の海藻ですが、昔から「ヒジキを食べると長生きする」と言われている...
早めに認知症予防始めませんか?
認知症については、まだまだ解明されていない事が多く、不安が募ってきますが、 良いといわれ...
Copyright (C) よろず
閉じる