美容・健康の豆知識

足の裏のツボを刺激するマッサージ

足裏マッサージ

足は下半身に集まる血液を心臓に戻す役目があるため、「第2の心臓」などと言われます。 足の裏には、健康増進につながる多くのツボが集中しています。

硬くてゴリゴリしている部分は、身体の老廃物の固まり(尿酸や乳酸)です。この老廃物をほぐすことで、代謝を促します。 ツボを刺激しながら行う「足裏マッサージ」をご紹介します。

足の親指のツボ

足の親指を押すことで、脳の疲れが取れます。 眠れなかったり、ストレスがたまりがちな人は、足の親指をもんでみてください。 また、ほかの指は目とか耳に通じています。眼精疲労がある人は、その部分を押しましょう。

土踏まずにあるツボ

足の裏の内側の部分、ここには、胃や腸といった消化器系に関連するツボが集まっています。 消化器が正常に働かないと、身体に必要な栄養素を吸収することができません。 胃や腸が弱い人は、この部分をとくに念入りにもみほぐしましょう。

小指の下にあるツボ

左足の小指の下には「心臓」に関するツボが、右足の小指の下には「肝臓」に関するツボがあります。 どちらも重要な臓器です、この部分が硬いときはなにか病気の前ぶれかもしれません。 ふだんからさわっていれば、異変に気づけるようなこともありそうです。

かかとにあるツボ

足のかかとにあるツボは、生殖器に関連しています。 女性であれば子宮、男性だと前立腺につながっています。


ほかにもさまざまなツボがありますが、代表的なものをご紹介しました。 これらのツボを押しながら、足裏全体をもみほぐしてゆきます。 とくにかかとには角質がつきやすく、硬くなっているので時間をかけてもんでください。

ところどころに押すと痛い場所がありますが、そこは身体の中で弱くなっている箇所です。 痛ければ無理に押さずに、何回かに分けてマッサージしましょう。

足裏マッサージを行うタイミングですが、できればお風呂あがりなどの血行が良くなっているときが効果的です。 また、「ツボ押しグッズ」などを使うことでも、効率的にツボ押しを行うことができるでしょう。

2014年06月17日 22470view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : マッサージ
   
関連エントリー
翌日に疲れを残さない 寝る前のストレッチ
ストレッチとは正式名称をストレッチングと言います。ストレッチングとは、@s2@意図的に筋肉...
Copyright (C) よろず