美容・健康の豆知識

メラニン色素は悪者じゃなかった!大切なのは紫外線やニキビなど炎症の予防

メラニン色素は悪者じゃなかった!

美肌の大敵は紫外線と言われ、そしてメラニン色素がシミをつくります。紫外線とともにメラニン色素は美肌にとって悪者扱いされますが、本当は悪者ではなかったのです。

紫外線によってシミができるメカニズム

紫外線によってシミができますが、まるで日光に当ってジュワジュワと肌が黒く焼けていくというイメージを持っている人もいると思います。しかし実際には紫外線攻撃によって肌細胞の中には活性酸素が大量発生し、肌細胞を傷付けようと暴れるのです。
肌細胞にあるメラノサイトがその危険を察知し、活性酸素を分解するためのチロシナーゼという酵素を体内生成します。そしてチロシナーゼが活性酸素を分解されたものでメラニン色素がつくられるのです。
紫外線攻撃を受けると活性酸素が発生し、その回りにメラニン色素が大量発生すると言われるのは、このようなメカニズムだったわけです。メラニン色素は退治された活性酸素の残骸で、私たちの免疫力の勝利の勲章だったのです。

紫外線以外にもメラニン色素は発生する

紫外線攻撃の勲章でもあるメラニン色素は、ニキビや炎症を起こしたところや傷などの跡にも発生します。これは肌が細菌などによって炎症を起こすと、そこにも活性酸素が発生するからなのです。その結果、紫外線のときと同じように、肌組織を守るためにチロシナーゼが登場して活性酸素を分解し、 メラニン色素がそこに集まる結果となるわけです。これがニキビや炎症、かき傷などの跡に残る色素沈着の原因です。


このようにメラニンは決して悪者ではなく、体の免疫力の勝利の結果だったのです。とは言ってもシミができてしまうのは、決して有り難いものではありませんね。美肌の為には、とにかく紫外線やニキビなど炎症の予防をすることが大切なようです。

2014年11月12日 12095view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : スキンケア 美容
   
関連エントリー
丸顔を大人顔に見せるヘアスタイル
丸顔は可愛くて好かれますが、本人にとっては悩みの種になっていることも…。
冬になると肌荒れ!?真冬でもぷるぷる肌を目指す簡単スキンケア
外気の温度が下がってきて冬の木枯らしを感じるようになる季節。なんだかお肌もかさかさし始めた...
意外!ダイエット中やってはいけないこと
ダイエットのつもりでやっていることが、実は逆効果になっていることがあります。誤解されがちな...
「毎日の習慣が美脚を作る!自分で続けるマッサージ」
立ち仕事をしている人、座りっぱなしで一日を過ごすことが多い人の大敵、脚のむくみ。疲れている...
抜けた歯の治療 インプラントのメリット・デメリット
インプラントというのは、歯が抜けた部分にネジのようなものを埋め込んで、人工の歯を装着すると...
Copyright (C) よろず
閉じる