美容・健康の豆知識

メラニン色素は悪者じゃなかった!大切なのは紫外線やニキビなど炎症の予防

メラニン色素は悪者じゃなかった!

美肌の大敵は紫外線と言われ、そしてメラニン色素がシミをつくります。紫外線とともにメラニン色素は美肌にとって悪者扱いされますが、本当は悪者ではなかったのです。

紫外線によってシミができるメカニズム

紫外線によってシミができますが、まるで日光に当ってジュワジュワと肌が黒く焼けていくというイメージを持っている人もいると思います。しかし実際には紫外線攻撃によって肌細胞の中には活性酸素が大量発生し、肌細胞を傷付けようと暴れるのです。
肌細胞にあるメラノサイトがその危険を察知し、活性酸素を分解するためのチロシナーゼという酵素を体内生成します。そしてチロシナーゼが活性酸素を分解されたものでメラニン色素がつくられるのです。
紫外線攻撃を受けると活性酸素が発生し、その回りにメラニン色素が大量発生すると言われるのは、このようなメカニズムだったわけです。メラニン色素は退治された活性酸素の残骸で、私たちの免疫力の勝利の勲章だったのです。

紫外線以外にもメラニン色素は発生する

紫外線攻撃の勲章でもあるメラニン色素は、ニキビや炎症を起こしたところや傷などの跡にも発生します。これは肌が細菌などによって炎症を起こすと、そこにも活性酸素が発生するからなのです。その結果、紫外線のときと同じように、肌組織を守るためにチロシナーゼが登場して活性酸素を分解し、 メラニン色素がそこに集まる結果となるわけです。これがニキビや炎症、かき傷などの跡に残る色素沈着の原因です。


このようにメラニンは決して悪者ではなく、体の免疫力の勝利の結果だったのです。とは言ってもシミができてしまうのは、決して有り難いものではありませんね。美肌の為には、とにかく紫外線やニキビなど炎症の予防をすることが大切なようです。

2014年11月12日 12195view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : スキンケア 美容
   
関連エントリー
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
恋人にしたい女に!男ウケするファッションでモテ女を目指そう
人に対する印象ってどこで決まるかわかりますか? 電車の中や歩いている人を見渡してみましょ...
ダイエットに挫折してしまう…そんな時は『ショック療法』でメンタルを維持すべし!
ダイエットは本当に女性の80%以上が意識しています。 最近では健康のために、中高年の人や...
育毛剤の正しい使い方と自分でできる3つの対策
抜け毛・薄毛になる原因のトップは「遺伝」です。 西洋医学の分野では、遺伝的に男性ホルモン...
意外!ダイエット中やってはいけないこと
ダイエットのつもりでやっていることが、実は逆効果になっていることがあります。誤解されがちな...
Copyright (C) よろず
閉じる