美容・健康の豆知識

意外!ダイエット中やってはいけないこと

実は逆効果?!

ダイエットのつもりでやっていることが、実は逆効果になっていることがあります。誤解されがちな3つのポイントをまとめてみました。

食事抜きはゼッタイにダメ!

朝ごはん抜きとか、ランチ抜きはダイエットどころか、体を太りやすい体質へと変えてしまいます。食事は1日3回、5時間間隔がベスト。食事を抜くと血糖値が下がりすぎ、体は飢餓に備えて栄養を蓄えようと、カロリーを溜め込むようになるのです。
朝ごはんとランチは腹八分目、夜は軽くするのが理想です。

水をあまり飲まないと代謝が悪くなる

水太りするのが恐くて水分を取らないケースがあります。ところが、脂肪を分解するのに水分が必要なのです。ダイエットしているなら水を十分に飲みましょう。1日2リットルをこまめに分けて飲むのが理想です。
水太りするのは、水分に塩分や糖分が入っている場合。あるいは食事で味の濃いものを食べているからです。水だけで太ることはありません。

お肉を食べないのはダメ!

お肉を食べると太る、と思っている人がいます。これ、実は違います。お肉は筋肉をつけるのに必要な栄養源です。筋肉は代謝の良いカラダを作るのに欠かせません。
太るのはお肉についている脂肪が原因です。毎食必ず赤身肉か魚を食べるようにしましょう。鶏のムネ肉やブタのヒレ肉が脂肪がないのでおススメです。1日の目安量は、体重をそのまま「g」にした量が適量です。つまり、体重50キロの人はお肉を1日50g、60キロの人は60g、といった具合ですね。

最終更新日 2014年11月14日 29306view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : ダイエット 美容
   
関連エントリー
モテる男が実践している男の美容法
多くの女性たちは顔の作りよりも清潔感や雰囲気で男性を判断しているのを知っていますか? 残...
インプラント治療の基礎知識|入れ歯との違いは?保険は効く?
インプラントについて耳にしたことはあるものの、@s1@具体的にどのような治療法で、メリット...
加齢臭について考えよう
加齢臭というと中年の男性から発する臭いのことを言いますが、 大体男性の40代後半から60...
ジョギングがダイエットに効果的な本当の理由と正しい実践方法
「健康的にダイエットがしたい!」と望んでいる人は多いです。そんな人たちが、まず思いつくのが...
ダイエット運動のハードルは低めに設定すること
ダイエットの決心をするときは、きっと誰でも「もう本気でダイエットしないとヤバイかも!」とい...
Copyright (C) よろず