美容・健康の豆知識

風邪はひき始めが肝心!自分で治す方法

自分で治す方法
まずは良質な睡眠を取ることが大事

風邪をひく大きな原因は免疫力が落ちていることです。それを上げるためにはともかく睡眠が大事。風邪を引いたな、と思ったらできる限り早く寝て体を休ませましょう。

風邪の時の運動は体力を奪い、免疫力を下げてしまうので控えた方がいいですね。発汗させようとしてサウナや暑いお風呂に入るのも体力を奪うのでダメです。

うがい薬でうがいをする

喉が痛かったり違和感があったりするなら、ヨード系のうがい薬でうがいをしましょう。それだけでも腫れが引き、スッキリします。

水分を多めに摂る

体の免疫機能を高めるために必要なのは水分です。水分が少ないと粘膜が乾燥し、タンや鼻水などがよく出ず、体は上手に闘うことができません。お湯をこまめに飲むようにしましょう。
高血圧の場合は塩分の量に注意が必要ですが、そうでないならお湯に梅干を入れたり、みそ汁を多めに飲んだりと、少し塩気のあるものを摂取すると水分の吸収率が上がります。

あとは体にまかせる

体力をつけようとして無理やり食べたり、発汗させようとして厚着したりするのは逆効果です。食欲があるなら食べ、ないなら食べなくてもいいでしょう。食欲がないのに無理やり食べると、エネルギーが消化の方に使われてしまって返ってよくないのです。
洋服は、寒気がするなら多めに着、厚かったら薄着をして熱を解放しましょう。つまり、体の本来の治癒力を信じて活用するのが一番なのです。

2014年11月26日 16548view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 病気
   
関連エントリー
炭酸入りのお風呂は疲労回復、アンチエイジングに効果
炭酸と言えば炭酸飲料を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はこの炭酸、飲むだけでなく、入浴...
酸っぱい食べ物は本当に疲労回復の効果があるのか?
梅干や酢昆布などの佃煮や、レモンやグレープフルーツに含まれているのがクエン酸。 食べてみ...
仕事や就活でうつ病になりやすい人の3つの特徴とは?解決策も紹介
深刻な現代病の1つと言われる「うつ病」。 ここで言ううつ病とは、10代の若者によく使われ...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
熱中症はなぜ起こる?メカニズムや対策のまとめ
総務省によると、平成28年の5~9月における全国の熱中症救急搬送人員の数は、5万412人と...
Copyright (C) よろず
閉じる