美容・健康の豆知識

肩こりに効くリンパマッサージ

リンパマッサージを覚えよう

リンパマッサージは、通常のマッサージのように強く揉んだり、強く指圧したりするものではなく、人間が体内で通常行なっている循環をサポートするために直接手指で流れを整えるものです。

リンパマッサージでは力を入れるのは逆効果で、リンパが静脈に取り込まれるまでに通常でも約12時間程度かかるところを、マッサージで回収スピードを早めることを目的としています。
リンパには体内で要らなくなった老廃物や疲労物質が取り込まれており、いずれは静脈に回収されて心臓に運ばれますが、なんらかの理由でそれが滞ったりする場合にマッサージによるサポートが有効とする考え方です。

肩こりの時には

通常、むくみ解消として紹介されるリンパマッサージですが、これを肩こり解消にも利用する考え方があります。 こりの原因となっている疲労物質や老廃物を早く流そうというもので、耳の後ろの耳介リンパマッサージや、首の左右を走るリンパのマッサージ、腕からきているこりの場合は二の腕や肘のリンパマッサージが有効と言われています。

リンパマッサージの仕方

一番良いのは身体全体が温まっている時ですので、お風呂上がりが適しています。リンパマッサージは左右均等に行うことが良いといわれていますので、片方の肩こりだけであってもマッサージは両方行いましょう。
皮膚に直接触れることで効果が高くなると言われていますので、好きなボディジェルやオイルなどを使ってマッサージするのもリラックス効果があって良いですね。 皮膚表面から2mmの深さまで圧力をかけるのが効果的と言われていますので、力を入れては逆効果です。指を揃えて耳の後ろから首の両脇を通って鎖骨まで、小さな円を描くように流します。
基本はこれだけです。飲食・飲酒後や病中病後・妊娠中は避けて下さい。合わせてストレッチを行うとより効果的です。

2013年02月22日 41264view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 怪我 健康 マッサージ
   
関連エントリー
皮膚の弱い人必見!蚊に刺されたら塩で対処
蚊に刺されるとすぐに真っ赤になったり、 ちょっと掻いただけで大きくただれてしまったりと、...
夫だけじゃない!妻達の起こすDV
DV(ドメスティック・バイオレンス)の被害者は妻だけでなく、夫が被害を訴えるケースがあるよ...
冬のフルーツはこう食べる!体を冷やさない方法
フルーツは体を冷やしてしまうものが多いため、寒い時期にはなかなか手を伸ばす気になれない人が...
のどが痛くなった時の効果的な対処法
のどが痛くなったら、そのまま風邪に突入…。という人は多いのではないでしょうか?特に空気が乾...
朝、気持ちよく起きるには?
同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。 一...
Copyright (C) よろず
閉じる