美容・健康の豆知識

風邪予防の5つのポイント

心がけで風邪はかなり防げる!

忙しいときに風邪をひくと、自分も周りも困ります。できるだけ風邪はひかず、元気に過ごしたいものですね。ここでは風邪予防のポイントについてお話します。

手洗い・うがい

子供のころからよく言われている手洗い・うがい。風邪は風邪をひいている人の鼻水や唾液を介して感染します。石けんでこまめに手を洗うこと、イソジンなどのヨード系のうがい薬でうがいをすることで、風邪感染のリスクを大きく減らすことができます。

栄養・水分補給

ビタミン類が不足すると粘膜が弱くなり、抵抗力が落ちてしまいます。特に大切なのはビタミンC。寒い季節は生野菜や果物を食べる量が減りがちですが、心がけて摂取するようにしましょう。サプリメントを活用してもいいでしょう。
水分不足は体の防御機能を低下させてしまいます。体に水分が不足すると、粘膜が乾き気味になり、風邪菌に感染しやすくなってしまうのです。水分はこまめに摂ることを心がけましょう。

睡眠

睡眠不足や疲労は免疫力を低下させます。風邪が流行っている時期には特に早寝を心がけましょう。
カフェインを摂りすぎない、ストレスを溜めない、足を温める…、など良質な睡眠がとれるように工夫しましょう。それで免疫力はさらにアップします。

保湿

湿度が50%以上になると、ウイルスの生存率がグッと低下します。部屋の湿度は60%以上に保っていたいですね。加湿器がないなら部屋に濡れたバスタオルを干しておくだけでも湿度を上げることができます。
また、鼻や喉の粘膜が乾燥すると風邪菌やウイルスを防御できなくなってしまうので、マスクをして湿度を保つのも効果的です。

換気する

ウイルスは空気感染します。部屋の中にインフルエンザの人がいるときにはこまめに換気をしましょう。窓を少し開けて空気の流れを作っておくだけでも、空気中のウイルスの量を減らすことができます。

2015年01月13日 27883view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 冬季 病気
   
関連エントリー
視力を良くする方法
ネットでもテレビでも、視力回復方法についての情報があふれていますね。ところで、視力は訓練次...
のどが痛くなった時の効果的な対処法
のどが痛くなったら、そのまま風邪に突入…。という人は多いのではないでしょうか?特に空気が乾...
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
ぐっすり眠りたい!快適な睡眠のための入浴方法
「最近、ぐっすり眠れていないような気がする…」 こんな悩みを抱えている人は少なくないと思...
若くても発症!?デジタル認知症
若くても発症する認知症として「若年性認知症」があげられますが、発症の時期は平均で50歳ぐら...
Copyright (C) よろず
閉じる