美容・健康の豆知識

ダイエット運動のハードルは低めに設定すること

ダイエットは計画的に!

ダイエットの決心をするときは、きっと誰でも「もう本気でダイエットしないとヤバイかも!」という意識になったときが多いのではないでしょうか。

そんなときには、ダイエットをしっかりしようという気持になっているときなので、ダイエット運動の計画も結構ハードルを高く設定してしまいがちです。
多くの人は計画倒れということを体験したことがあるのではないでしょうか。その辺のことをもう少し考えてみましょう。

運動計画のハードルは高いほど失敗する

ダイエットをする人は運動がもともと嫌いな人や運動の時間のない人が多く、そんな人が急に自分のレベルよりハードルの高い計画を立ててしまえば、どうしても続けることができなくなり、ダイエットそのものも途中で失敗してしまいます。

ハードルは下げるより、だんだん高くする

ダイエット運動の計画を立てるときには、簡単にできる程度の低いハードルで計画を立てましょう。もう少しハードルを高めても大丈夫だという自信ができたら、少しだけ高くしていきます。
それが確実に実行できるようになったら、次にまた少しハードルを高めていくようにします。このようにに少しずつ、ハードルを上げていくことが成功のコツです。

早く痩せたいという気持から、ストイックな思いでダイエット運動のハードルを最初に高めてしまうと、ストイックな気持を持ち続けている間は続きますが、きつくなってくる時期になると続かなくなり、それが原因でダイエットの失敗につながってしまいます。

ダイエットはすべてマイナスするよりプラスしていくこと

ダイエットは運動だけでなく減食などにしても、すべてハードルは低めにして、少しずつ辛いことをプラスしていくようにしましょう。
ハードルを高くしてしまって、辛すぎるからといってマイナスしていくと、「やっぱり無理!」ということになりやすいのでご注意を!

最終更新日 2015年03月10日 10387view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : ダイエット 美容
   
関連エントリー
炭水化物ダイエットとはまた違う!冷えた炭水化物によるダイエット
いろいろなダイエットがある中で、最近注目されているダイエットが冷えた炭水化物ダイエットです...
45歳からの女性の中年ダイエットを成功させるポイント
45歳からのダイエットを成功させるコツを考えていきたいと思います。特に45歳前後から50歳...
「朝食抜き」は太る原因!?痩せたい人こそ朝食を摂るべき3つの理由
一時期、「朝食抜きダイエット」がブームになりました。文字通り、朝食を食べずに1日の摂取カロ...
ヨガの種類とその効果は?自分にぴったりのヨガを選ぼう
5000年以上も昔のインドで行われていたヨガは、中国へ渡り、アメリカのセレブたちの間で流行...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
Copyright (C) よろず