美容・健康の豆知識

ガサガサかかとを“すべすべ”に!

かかとのケア

足の裏には「汗腺」はありますが、「皮脂腺」がないことから、冬になると乾燥がひどくなったり、ヒビ割れが起きたりします。

このガサガサを放置すると、角質層がブ厚くなって、それが裂けたりすれば、出血や痛みを伴うひどいヒビ割れになるおそれもあるでしょう。
コタツに入っていたりするとさらに乾燥が進みますから、かかとに保湿や油分を与えるケアが必要になります。

かかとのお手入れ方法

まず、お風呂にはお湯をためてゆったりつかるのがポイントです。 シャワーですませていると、かかとの乾燥は治りません。
お湯につかるのが無理な場合は、「足湯」でもかまいませんから、とにかくかかとをお湯につけて、固くなった角質層をふやかすことです。
そして、やすりでかかとを削ってください。ただし、こすりすぎにはご注意ください。 かかとがやわらかい状態になったら、そこにクリームをすり込みます。
クリームを塗って、寝るときにソックスを履いて寝る。これを毎晩繰り返すことで、かかとのガサガサが解消されます。

かかとのガサガサ解消グッズ

早急に「かかとのガサガサを解消したい!」という方は、かかとをすべすべにするグッズが販売されています。 かかとに塗ることで足の裏の角質層がはがれ落ちるローションや、履くだけでかかとがすべすべになる靴下などです。
多少お金はかかりますが、1週間ぐらいで見違えるようにやわらかくなりますからお試しください。

水虫かも!?

かかとのガサガサをただの乾燥だと思っていると、“水虫”であることも・・・。
水虫の正体は「白癬菌」というカビの一種ですが、かかとのガサガサが水虫なのか、角質層がブ厚くなったものなのかを判断するのは難しいので、あまりにひどい場合は、皮膚科に行って診てもらいましょう。

2015年03月25日 11831view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : スキンケア 美容
   
関連エントリー
男ウケする髪型は?モテるヘアスタイルで彼の心をゲット!
お肌のお手入れにダイエット。美容に一生懸命力を入れて女子力を磨いているのに、なぜかモテない...
ダイエット運動のハードルは低めに設定すること
ダイエットの決心をするときは、きっと誰でも「もう本気でダイエットしないとヤバイかも!」とい...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
育毛剤の正しい使い方と自分でできる3つの対策
抜け毛・薄毛になる原因のトップは「遺伝」です。 西洋医学の分野では、遺伝的に男性ホルモン...
睡眠不足は女を駄目にする!
女性度をアップするにはまず睡眠が大切です。睡眠不足は女性にとって本当に大敵だということを知...
Copyright (C) よろず