美容・健康の豆知識

ガサガサかかとを“すべすべ”に!

かかとのケア

足の裏には「汗腺」はありますが、「皮脂腺」がないことから、冬になると乾燥がひどくなったり、ヒビ割れが起きたりします。

このガサガサを放置すると、角質層がブ厚くなって、それが裂けたりすれば、出血や痛みを伴うひどいヒビ割れになるおそれもあるでしょう。
コタツに入っていたりするとさらに乾燥が進みますから、かかとに保湿や油分を与えるケアが必要になります。

かかとのお手入れ方法

まず、お風呂にはお湯をためてゆったりつかるのがポイントです。 シャワーですませていると、かかとの乾燥は治りません。
お湯につかるのが無理な場合は、「足湯」でもかまいませんから、とにかくかかとをお湯につけて、固くなった角質層をふやかすことです。
そして、やすりでかかとを削ってください。ただし、こすりすぎにはご注意ください。 かかとがやわらかい状態になったら、そこにクリームをすり込みます。
クリームを塗って、寝るときにソックスを履いて寝る。これを毎晩繰り返すことで、かかとのガサガサが解消されます。

かかとのガサガサ解消グッズ

早急に「かかとのガサガサを解消したい!」という方は、かかとをすべすべにするグッズが販売されています。 かかとに塗ることで足の裏の角質層がはがれ落ちるローションや、履くだけでかかとがすべすべになる靴下などです。
多少お金はかかりますが、1週間ぐらいで見違えるようにやわらかくなりますからお試しください。

水虫かも!?

かかとのガサガサをただの乾燥だと思っていると、“水虫”であることも・・・。
水虫の正体は「白癬菌」というカビの一種ですが、かかとのガサガサが水虫なのか、角質層がブ厚くなったものなのかを判断するのは難しいので、あまりにひどい場合は、皮膚科に行って診てもらいましょう。

2015年03月25日 11686view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : スキンケア 美容
   
関連エントリー
抜けた歯の治療 インプラントのメリット・デメリット
インプラントというのは、歯が抜けた部分にネジのようなものを埋め込んで、人工の歯を装着すると...
髪が薄くなってきた人必見!今日から使える頭皮マッサージの方法
薄毛が気になってきた人は、病院やサロンに通って少しでも食い止めたいと考えているのではないで...
朝夕のちょっとした運動が代謝アップでダイエット効果抜群
最近のダイエットでは激しい有酸素運動で脂肪燃焼を目的とするより、代謝アップやデトックス効果...
お肌の乾燥を防ぐお勧めのクレンジング方法
お肌の乾燥を防ぐのに必要なことは、洗顔の際に毛穴の汚れをきちんととってクリアな状態を保つと...
下半身太り解消!「また割り」ストレッチ法
下半身を引き締めたいと思う人は、股関節の柔軟性を高めるといいです。 柔軟性を高めることで...
Copyright (C) よろず
閉じる