美容・健康の豆知識

虫歯にならない歯磨きについて

より効果的な方法

虫歯にならないために歯磨きをするのは当然ですが、せっかくならより効果的な方法で虫歯予防したいですよね。虫歯にならないための正しい歯磨きをご紹介したいと思います。

歯磨きのタイミング

虫歯菌はどうしても口に中にいるものですが、虫歯が歯を食べるのではなく、わたしたちの食べかすを食べた結果、排出された分泌物の酸が歯を溶かしていきます。食事後の唾液の中には虫歯菌が出した酸を中和する成分が入っています。酸を中和する成分はとても大切であり、歯磨きはその成分が出終るころの食後30分から1時間に行うことがベストタイミングだと言われています。

歯磨き粉

歯磨き粉は味や見た目で選択しがちですが、フッ化物が入ったものを選ぶようにしましょう。ちなみにフッ化物というとフッ化ナトリウムやモノフルオリン酸ナトリウムなどがあります。虫歯予防にはこのフッ化物がとても効果があると言われています。

222の法則

歯科先進国スウェーデンで言われている222法則です。これは歯磨き粉を2㎝使って、2分間の歯磨きを1日2回行うというものです。これは理想的な歯磨き法の法則と言われていますが、磨きすぎや歯磨き粉の使いすぎにも問題があることを示唆しています。

磨きづらいところだから丁寧に

磨きづらいところは自分なりにあるはずです。その部分をまず最初にしっかり丁寧に磨きます。だんだん面倒になるので、簡単に磨ける場所を最後にすることがおすすめです。もちろんそのときには歯と歯ぐきの間を優しく細かい振動で掃除しましょう。

2015年03月26日 22609view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
あなたは大丈夫?スマホ依存症になる原因と治し方
そもそもなぜ人はスマホに依存するのでしょうか。主な原因は3つあります。
休日に確実に疲労回復する方法
休日に疲労を回復させるための方法について、間違った知識を持っている人は少なくありません。
マスクだけじゃない!たくさんある花粉症対策
花粉症がアレルギーの1つだということは広く知られていますが、そのメカニズムについてはあまり...
仕事や就活でうつ病になりやすい人の3つの特徴とは?解決策も紹介
深刻な現代病の1つと言われる「うつ病」。 ここで言ううつ病とは、10代の若者によく使われ...
朝、気持ちよく起きるには?
同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。 一...
Copyright (C) よろず