美容・健康の豆知識

虫歯にならない歯磨きについて

より効果的な方法

虫歯にならないために歯磨きをするのは当然ですが、せっかくならより効果的な方法で虫歯予防したいですよね。虫歯にならないための正しい歯磨きをご紹介したいと思います。

歯磨きのタイミング

虫歯菌はどうしても口に中にいるものですが、虫歯が歯を食べるのではなく、わたしたちの食べかすを食べた結果、排出された分泌物の酸が歯を溶かしていきます。食事後の唾液の中には虫歯菌が出した酸を中和する成分が入っています。酸を中和する成分はとても大切であり、歯磨きはその成分が出終るころの食後30分から1時間に行うことがベストタイミングだと言われています。

歯磨き粉

歯磨き粉は味や見た目で選択しがちですが、フッ化物が入ったものを選ぶようにしましょう。ちなみにフッ化物というとフッ化ナトリウムやモノフルオリン酸ナトリウムなどがあります。虫歯予防にはこのフッ化物がとても効果があると言われています。

222の法則

歯科先進国スウェーデンで言われている222法則です。これは歯磨き粉を2㎝使って、2分間の歯磨きを1日2回行うというものです。これは理想的な歯磨き法の法則と言われていますが、磨きすぎや歯磨き粉の使いすぎにも問題があることを示唆しています。

磨きづらいところだから丁寧に

磨きづらいところは自分なりにあるはずです。その部分をまず最初にしっかり丁寧に磨きます。だんだん面倒になるので、簡単に磨ける場所を最後にすることがおすすめです。もちろんそのときには歯と歯ぐきの間を優しく細かい振動で掃除しましょう。

2015年03月26日 22678view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
親の介護について知っておきたいこと
誰もが年をとるのは当たり前とわかってはいても、自分の親に関しては認めたくない心理が働くのも...
二日酔いのメカニズムと正しい対策方法
実は、二日酔いのメカニズムについては詳しく解明されていません。 お酒の飲みすぎが原因であ...
がん保険は本当に必要?メリット・デメリットについて解説
「自分や自分の家族が、がんになるはずない!」、そう思っている人は少なくありません。 しか...
ヨガの種類とその効果は?自分にぴったりのヨガを選ぼう
5000年以上も昔のインドで行われていたヨガは、中国へ渡り、アメリカのセレブたちの間で流行...
三大疾病に備える!保険の特徴や選ぶポイント
日本人の@s1@死亡原因の約40%@/s1@を占める、@s2@がん・心疾患・脳血管疾患の三...
Copyright (C) よろず