美容・健康の豆知識

お風呂はこんなに使える!ダイエットや健康面などに様々な効果が

お風呂の効果
ダイエット効果

お風呂にはダイエット効果のある入浴法があります。 やり方はいろいろありますが、42度近くの熱めのお湯に3分浸かり、5分出て休み、3分入るというふうに3回程度繰り返す方法は、とても効果があるようです。 心臓が弱い人でなければ是非おすすめです。

他にもぬるめの38度程度のお風呂に、15分入って5分休むということを3回繰り返すという方法もあります。 熱いのが苦手な方にはこちらがおすすめです。

ストレス解消にも

またダイエットだけでなく、お風呂にはストレスの多い社会に毎日揉まれているわたしたちにとって、癒しの場でもあるのです。 自分の好きなアロマオイルを幾つかそろえておき、気分によって好きなオイルを使って、アロマ風呂にしましょう。

基本は自分の好きな香りがいいと思いますが、 イライラ、ストレスに効能のあるアロマオイルは、イランイラン、オレンジスイート、サンダルウッド、カモミール・ローマン、ゼラニウム、ラベンダー、ユズ、ローズオットー、がお勧めです。

体も心もリラックスできるので、夜はぐっすり眠ることができ、新陳代謝もホルモンバランスも抜群です。

ニキビ予防に

背中ニキビなど、体のニキビに悩んでいる人はお風呂にイオウ(温泉の元)を入れたり、ドクダミ風呂(ドクダミの葉の乾燥したもの)、アロエ風呂(アロエを絞って入れる)などにして、ニキビ予防、改善もできます。


このようにお風呂にはダイエット効果だけでなく、ストレスやニキビ肌など健康でもいろいろな効果があるのです。

2015年04月02日 12270view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
   
関連エントリー
ニンニクの効果と摂取方法のポイント
ニンニクというと元気になるというイメージがありますが、とても素晴しい効能がある食品だったの...
ヒジキは不老長寿のサプリメント
ヒジキは褐藻類ホンダワラ科の海藻ですが、昔から「ヒジキを食べると長生きする」と言われている...
冬のフルーツはこう食べる!体を冷やさない方法
フルーツは体を冷やしてしまうものが多いため、寒い時期にはなかなか手を伸ばす気になれない人が...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
丸顔を大人顔に見せるヘアスタイル
丸顔は可愛くて好かれますが、本人にとっては悩みの種になっていることも…。
Copyright (C) よろず
閉じる