美容・健康の豆知識

目が疲れにくいパソコンの使い方!ブルーライトを調整しよう

目の疲れはいろんな不具合を引き起こす

パソコンでの作業時間が長いと、目が疲れて肩こりや頭痛、不眠症などの不具合を引き起こしてしまいます。精神的に不安定になったり過敏症を引き起こしてしまう危険性も…。

パソコンを使うなら、できるだけ目に負担がかからないように工夫しましょう。

ブルーライトを調整する

ブルーカット用のディスク画面シートや眼鏡が出回っていますね。これはパソコン画面から発せられるブルーの光をカットする効果があるもの。
ブルーの光は目の奥にある網膜まで届き、とても刺激が強い光です。ブルーカットすることで、目の疲れを大幅に軽減することができるのです。

ブルーカットのシートや眼鏡を使わなくてもブルーライトを調整する方法があります。Windowsパソコンの場合、デスクトップ上の何もないスペースを右クリックしてグラフィックプロパティを選択します。次に色補正をクリックし、青を選びます。明るさを-20~-30くらいまで落としてみましょう。
青い色が減り、画面全体が黄色っぽくなりますが、目の疲れはグッと楽になるはずです。最初は違和感があるかもしれませんがすぐに慣れます。

パソコンの位置を調整する

パソコン画面は目線よりも下になるように設置し、若干見下ろす角度で作業するようにしましょう。また、目からの距離は40センチ以上とりましょう。


その他、1時間作業したら必ず5分間パソコンから離れ、景色を見たり別の作業をすることも大切です。

2015年04月08日 9197view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
肉が身体に悪い……というのは大間違い!?
肉というと、コレステロールが高いというイメージはありませんか?
ヨガの種類とその効果は?自分にぴったりのヨガを選ぼう
5000年以上も昔のインドで行われていたヨガは、中国へ渡り、アメリカのセレブたちの間で流行...
忍び寄るうつ病の恐怖!自分でも気が付かない症状
学校でのいじめや将来への不安、長時間労働、低賃金などなど、現代の社会には、精神的ストレスの...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
スマホの見すぎで起きる「VDT症候群」
ヒマな時間にスマホを見るのが習慣となってしまっている現代人に、「VDT症候群」という病気が...
Copyright (C) よろず
閉じる