美容・健康の豆知識

紫外線から肌を守りましょう。10年後の肌が違います。

強い日射しが気になり始めたら

強い日射しが気になり始めたら、とりあえず日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。SPFや、PA などの数値が表示してありますが、日常の生活ではそれほど肌に負担の無い物で充分でしょう。

要はこまめに塗る習慣をつける事が大事です。塗る箇所は、顔はもちろんですが、首は顔の続きと思って一緒に塗っておくと後で面倒がありません。
帽子、日傘、サングラスなど鞄に仕舞える物を常備しましょう。目や髪にも紫外線はダメージを与えてしまいます。出来る範囲でガードしましょう。

ビタミンCを摂りましょう。

肌を酸化から守り、きれいを保つにはビタミンCを摂るのが一番です。そんな事は誰でもわかっているとお思いでしょうが、意外と果物、野菜だけでは足りていません。
今はコラーゲン入りのビタミンCや、ドリンクも薬局等で市販されていますので、上手に活用して簡単に体内に摂りこんじゃいましょう!ついでにビタミンEなども一緒に入っているとベストです。

やはり野菜や果物でないと・・・という方には。

ビタミンCを多く含む(食品活性酵素を抑える働きをするほか、皮膚に必要なコラーゲンの合成を促進)  ブロッコリー(ガン予防にも)、カリフラワー、アセロラ、レモン、キウイ

ビタミンEを多く含む食品(活性酵素が発生した際に、細胞膜を守って酸化を防ぐ。他の栄養素と相乗効果を発揮)  アーモンドなどのナッツ類、うなぎ、かぼちゃ など

後悔しないために。

あの時なぜあんなに黒くなりたかったのか?白すぎる足を焼きたくてお日様に当たって、現在2、3か所しみになっています。 何を考えていたのでしょう?皆さんにこんな後悔をしてほしくありません。
あまり神経質になる必要はありませんが、気を付ける気持ちがあれば、必ずや10年後、20年後にその成果が自分に返って来ます。

2015年05月11日 10013view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : スキンケア 美容
   
関連エントリー
冬の乾燥肌対策!室内温度調整で「潤い」湿度を保つ
空気中の水分量が低下しやすい冬の時期。 この時期は、お肌に含まれている水分が蒸発し、汗も...
睡眠不足は女を駄目にする!
女性度をアップするにはまず睡眠が大切です。睡眠不足は女性にとって本当に大敵だということを知...
美容に最適!トマトの優れた抗酸化作用
トマトに含まれているリコピンには、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があります。 抗酸化作用とは...
体型をバッチリカバーするファッション
実際の体重より見ための方が重たく、太って見える人がいます。 そういう人は、着る洋服を選ぶ...
「毎日の習慣が美脚を作る!自分で続けるマッサージ」
立ち仕事をしている人、座りっぱなしで一日を過ごすことが多い人の大敵、脚のむくみ。疲れている...
Copyright (C) よろず
閉じる