美容・健康の豆知識

中高年こそピンクがお勧め!50歳以上の女性のピンクの使い方

ピンクを使って若々しく

ピンクはちょっと間違うと中高年には難しい色かも知れません。しかし50歳以上の中高年を若々しく見せるためには、絶対おすすめの色でもあるのです。

濃いピンクではなく薄目のピンクを選びましょう。

ピンクには品の良さ、色気、優しさ、明るさ、軽やかさ、かわいさなどいろいろなイメージを表現することができます。
特に50歳以上の人は品の良さや優しさ、明るさ、軽やかさなどの演出に使いましょう。
そのためには濃いピンクではなく、薄いピンクを選ぶことが必要なのです。

女性らしさをアップ

ピンクは女性らしさをアップしてくれます。 ピンクを上手に使うことで、中高年だからこそ出る優しさと可愛さを感じさせることができます。
50歳を過ぎたら薄目のピンクを服の一部に使うことで、若々しく明るいイメージになることを覚えておきましょう。

顔全体を明るい表情に見せてくれる

薄いピンクのシャツやセーターなども素敵ですが、逆に襟元にちょっとピンクを出したり、ピンクが柄の一部に使われているスカーフなどもおすすめです。
例えばグレーのセーターの下からピンクのシャツの襟が出ているだけで、とても若々しく軽やかに明るく感じます。 それは顔全体を明るい表情に見せてくれるピンクの力なのです。

50歳からは目が小さくなり目力も弱くなります。強いインパクトがなくなり、肌も透明感がなくなるので、どうしても曇って見られがちです。
強い色より柔らかい色の方が、明るく優しい顔立ちに見えるようになります。

できれば顔の近くにピンクを持っていくと、顔がグーンと明るくなります。
ただしスカーフなどは無地のピンクは難しいので、柄スカーフの中の一色にピンクを取り入れたものを使ってみましょう。
ちょっとのピンクがとても大きな役割を果たしてくれるはずです。

2015年06月12日 9255view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 美容
   
関連エントリー
紫外線から肌を守りましょう。10年後の肌が違います。
強い日射しが気になり始めたら、とりあえず日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。SPFや、PA...
ダイエットに挫折してしまう…そんな時は『ショック療法』でメンタルを維持すべし!
ダイエットは本当に女性の80%以上が意識しています。 最近では健康のために、中高年の人や...
足を細くする方法
足は自分からはよく見えないので忘れがちですが、スタイルを良く見せるためには欠かせないポイン...
脂質よりも要注意な炭水化物!ダイエット成功は米を減らすことから!
運動しても全然痩せない・・・。 途中で体重が減らなくなり挫折してしまう・・・。 一度痩...
美容に最適!トマトの優れた抗酸化作用
トマトに含まれているリコピンには、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があります。 抗酸化作用とは...
Copyright (C) よろず
閉じる