美容・健康の豆知識

中高年こそピンクがお勧め!50歳以上の女性のピンクの使い方

ピンクを使って若々しく

ピンクはちょっと間違うと中高年には難しい色かも知れません。しかし50歳以上の中高年を若々しく見せるためには、絶対おすすめの色でもあるのです。

濃いピンクではなく薄目のピンクを選びましょう。

ピンクには品の良さ、色気、優しさ、明るさ、軽やかさ、かわいさなどいろいろなイメージを表現することができます。
特に50歳以上の人は品の良さや優しさ、明るさ、軽やかさなどの演出に使いましょう。
そのためには濃いピンクではなく、薄いピンクを選ぶことが必要なのです。

女性らしさをアップ

ピンクは女性らしさをアップしてくれます。 ピンクを上手に使うことで、中高年だからこそ出る優しさと可愛さを感じさせることができます。
50歳を過ぎたら薄目のピンクを服の一部に使うことで、若々しく明るいイメージになることを覚えておきましょう。

顔全体を明るい表情に見せてくれる

薄いピンクのシャツやセーターなども素敵ですが、逆に襟元にちょっとピンクを出したり、ピンクが柄の一部に使われているスカーフなどもおすすめです。
例えばグレーのセーターの下からピンクのシャツの襟が出ているだけで、とても若々しく軽やかに明るく感じます。 それは顔全体を明るい表情に見せてくれるピンクの力なのです。

50歳からは目が小さくなり目力も弱くなります。強いインパクトがなくなり、肌も透明感がなくなるので、どうしても曇って見られがちです。
強い色より柔らかい色の方が、明るく優しい顔立ちに見えるようになります。

できれば顔の近くにピンクを持っていくと、顔がグーンと明るくなります。
ただしスカーフなどは無地のピンクは難しいので、柄スカーフの中の一色にピンクを取り入れたものを使ってみましょう。
ちょっとのピンクがとても大きな役割を果たしてくれるはずです。

2015年06月12日 9591view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 美容
   
関連エントリー
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
くさーい口臭!原因と予防
口臭は100年の恋も冷めちゃうなんて言いますが、自分の口臭はやはり気になりますよね。原因を...
意外!ダイエット中やってはいけないこと
ダイエットのつもりでやっていることが、実は逆効果になっていることがあります。誤解されがちな...
加齢臭について考えよう
加齢臭というと中年の男性から発する臭いのことを言いますが、 大体男性の40代後半から60...
ダイエット運動のハードルは低めに設定すること
ダイエットの決心をするときは、きっと誰でも「もう本気でダイエットしないとヤバイかも!」とい...
Copyright (C) よろず
閉じる