美容・健康の豆知識

紫外線アレルギーとは?対処法について

紫外線アレルギーって?

紫外線アレルギーとは、太陽光に含まれる紫外線に対して、皮膚がアレルギー反応を起こしてしまうというものです。 紫外線アレルギーの場合、一般に、太陽の光を浴びた部分だけに痒みを伴う発疹や水ぶくれ、かぶれが起こります。

皮膚の症状以外にも、目の充血や異物感を伴うことがあります。中には頭痛や発熱、吐き気のみが表れるということもあります。

紫外線アレルギーの診断方法は?

太陽光が当たった部分だけに反応が出ているなら、ほぼ紫外線アレルギーだと診断されます。さらにしっかりとした検査を受けたいなら、光線過敏症テストを行って皮膚に現れる反応を観察します。
中には、紫外線アレルギーの原因が服用薬だったり塗り薬だったりすることもあるので、使っている薬があるなら事前に医師に伝えましょう。

紫外線アレルギーの対処法は?

対処法は、ともかく日光に当たらないことです。日中、どうしても外出しなければならないなら、皮膚に日焼け止めを塗り、紫外線を通さない洋服で皮膚をガードしましょう。さらに、つばの広い帽子やUVカットの日傘、手袋を活用して紫外線を遮りましょう。
この太陽光に当たらない、という対策は、紫外線アレルギーの予防にもなるので、今現在紫外線アレルギーではない人にもおススメです。
薬剤が原因で紫外線アレルギーが出ているなら、光線過敏を引き起こしてしまう薬はできるだけ中止するようにしましょう。

2015年07月31日 6601view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 スキンケア 病気
   
関連エントリー
人は食事で全てが満たされた気になる?満たされない欲望と過食の関係性
「ストレス太り」という言葉を耳にしたことがあるという人は多いと思います。 このストレス太...
パニック障害の原因と改善
パニック障害は最近とても増えていると言われています。 原因はまだすべては解明されていませ...
タバコの禁断症状が見せる「夢」
タバコも年々値段が上がってきましたね。 そのうちなんやかんやで、1000円という大台にな...
仕事や就活でうつ病になりやすい人の3つの特徴とは?解決策も紹介
深刻な現代病の1つと言われる「うつ病」。 ここで言ううつ病とは、10代の若者によく使われ...
若くても発症!?デジタル認知症
若くても発症する認知症として「若年性認知症」があげられますが、発症の時期は平均で50歳ぐら...
Copyright (C) よろず
閉じる