美容・健康の豆知識

朝、気持ちよく起きるには?

朝の目覚めを快適に

早寝が大事!

同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。
一般に、夜の10時~2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、良質な睡眠ができる時間帯だと言われています。
遅くとも12時前には寝ているようにしましょう。

目覚ましをセットする時間を計算する

睡眠には深い睡眠と浅い睡眠があり、交互にやってきます。
浅い睡眠は寝付いてから1時間半ごとにやってくるため、1時間半を睡眠の1サイクルとし、区切りのよい時間帯に目覚ましをセットするとスッキリと起きやすくなります。
例えば、11時に寝るのなら目覚ましは6時半、11時半に寝るのなら目覚ましは7時といった具合です。

睡眠の環境を整える

寝具は、気持ちよく眠れるものを用意しましょう。枕の高さ、ベッドの硬さ、掛布団の柔らかさなど、自分が気持ちよいと思えるものを準備しましょう。
部屋は暗くし、音がうるさいなら耳栓をするなど、静かな環境で睡眠がとれるように工夫しましょう。
そうすることで良質な睡眠を取ることができ、朝にスッキリと目覚めることができます。

朝起きたら朝日を浴びる

朝起きたら陽の光を浴びましょう。10分ほどが理想です。目から強い光が入ることで脳内でセロトニンというホルモンが分泌され、日中元気に活動できます。
それだけでなく、セロトニンは夕方ごろからメラトニンへと変化し、眠気をもたらしてくれます。
つまり、早く起きて陽の光を浴びると、夜も早く寝つける、ということなのです。

2015年10月01日 13593view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
ぐっすり眠りたい!快適な睡眠のための入浴方法
「最近、ぐっすり眠れていないような気がする…」 こんな悩みを抱えている人は少なくないと思...
マスクだけじゃない!たくさんある花粉症対策
花粉症がアレルギーの1つだということは広く知られていますが、そのメカニズムについてはあまり...
長時間のゲームが日常生活に及ぼす影響
ゲームと聞くと、子どもの遊び道具という認識を持っている人は多いと思います。 しかし近年は...
三大疾病に備える!保険の特徴や選ぶポイント
日本人の@s1@死亡原因の約40%@/s1@を占める、@s2@がん・心疾患・脳血管疾患の三...
あなたは大丈夫?スマホ依存症になる原因と治し方
そもそもなぜ人はスマホに依存するのでしょうか。主な原因は3つあります。
Copyright (C) よろず