美容・健康の豆知識

朝、気持ちよく起きるには?

朝の目覚めを快適に
早寝が大事!

同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。
一般に、夜の10時~2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、良質な睡眠ができる時間帯だと言われています。
遅くとも12時前には寝ているようにしましょう。

目覚ましをセットする時間を計算する

睡眠には深い睡眠と浅い睡眠があり、交互にやってきます。
浅い睡眠は寝付いてから1時間半ごとにやってくるため、1時間半を睡眠の1サイクルとし、区切りのよい時間帯に目覚ましをセットするとスッキリと起きやすくなります。
例えば、11時に寝るのなら目覚ましは6時半、11時半に寝るのなら目覚ましは7時といった具合です。

睡眠の環境を整える

寝具は、気持ちよく眠れるものを用意しましょう。枕の高さ、ベッドの硬さ、掛布団の柔らかさなど、自分が気持ちよいと思えるものを準備しましょう。
部屋は暗くし、音がうるさいなら耳栓をするなど、静かな環境で睡眠がとれるように工夫しましょう。
そうすることで良質な睡眠を取ることができ、朝にスッキリと目覚めることができます。

朝起きたら朝日を浴びる

朝起きたら陽の光を浴びましょう。10分ほどが理想です。目から強い光が入ることで脳内でセロトニンというホルモンが分泌され、日中元気に活動できます。
それだけでなく、セロトニンは夕方ごろからメラトニンへと変化し、眠気をもたらしてくれます。
つまり、早く起きて陽の光を浴びると、夜も早く寝つける、ということなのです。

2015年10月01日 8681view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
「ファイトケミカル」で老化・がん予防
新しい栄養素として「ファイトケミカル」が注目されてきています。「ファイトケミカル(植物がつ...
加湿器がなくても湿度を保つ方法
冬は空気が乾燥しやすいです。粘膜が乾燥すると菌やウイルスへの抵抗力が弱くなり、風邪やインフ...
飲んでも酔うな!二日酔いの予防法
お酒を飲む機会が増える年末年始、花見の席などはほろ酔い加減で、ご機嫌な人でいっぱいです。 ...
紫外線アレルギーとは?対処法について
紫外線アレルギーとは、太陽光に含まれる紫外線に対して、皮膚がアレルギー反応を起こしてしまう...
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
Copyright (C) よろず
閉じる