美容・健康の豆知識

朝、気持ちよく起きるには?

朝の目覚めを快適に
早寝が大事!

同じ時間寝ていても、どの時間帯に睡眠をとるかによって起きた時のスッキリ感が違います。
一般に、夜の10時~2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれ、良質な睡眠ができる時間帯だと言われています。
遅くとも12時前には寝ているようにしましょう。

目覚ましをセットする時間を計算する

睡眠には深い睡眠と浅い睡眠があり、交互にやってきます。
浅い睡眠は寝付いてから1時間半ごとにやってくるため、1時間半を睡眠の1サイクルとし、区切りのよい時間帯に目覚ましをセットするとスッキリと起きやすくなります。
例えば、11時に寝るのなら目覚ましは6時半、11時半に寝るのなら目覚ましは7時といった具合です。

睡眠の環境を整える

寝具は、気持ちよく眠れるものを用意しましょう。枕の高さ、ベッドの硬さ、掛布団の柔らかさなど、自分が気持ちよいと思えるものを準備しましょう。
部屋は暗くし、音がうるさいなら耳栓をするなど、静かな環境で睡眠がとれるように工夫しましょう。
そうすることで良質な睡眠を取ることができ、朝にスッキリと目覚めることができます。

朝起きたら朝日を浴びる

朝起きたら陽の光を浴びましょう。10分ほどが理想です。目から強い光が入ることで脳内でセロトニンというホルモンが分泌され、日中元気に活動できます。
それだけでなく、セロトニンは夕方ごろからメラトニンへと変化し、眠気をもたらしてくれます。
つまり、早く起きて陽の光を浴びると、夜も早く寝つける、ということなのです。

2015年10月01日 9538view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
歯磨き粉での歯磨きだけでは虫歯を防げない!?
虫歯予防に歯ブラシに歯磨き粉を盛り、ゴシゴシブラッシング。 実はこれだけでは虫歯菌は死な...
プレミアムフライデーは本当に必要?メリットとデメリット
プレミアムフライデーとは、政府が経済団体連合会(経団連)などと共同で検討を進めてきた消費喚...
疲労回復に抜群の作用!スポーツマッサージ
筋肉を柔らかくし、関節の稼動域を大きくする「スポーツマッサージ」というものをご存知でしょう...
秋に多い花粉症と対処法
花粉症と言えば、春ごろのスギ花粉に悩む人が最も多いため、秋の花粉症については理解が浅い傾向...
肉が身体に悪い……というのは大間違い!?
肉というと、コレステロールが高いというイメージはありませんか?
Copyright (C) よろず
閉じる