美容・健康の豆知識

口臭の原因を知って予防・改善をしよう

口臭

口臭は人間関係まで壊すこともあると言われています。やはりさわやかな息は誰でも気持の良いものです。そこで口臭の原因を知ることで予防、改善をしていきたいと思います。

歯周病

歯周病は歯ぐきのトラブルですが、加齢によって多くなりますが、現在は食べ物などの関係から若い人も多くなっています。
歯ぐきが腫れたり炎症を起こしたり、歯槽膿漏になったりと口臭の原因はさまざまです。まず歯磨きとともに歯ぐきケアも忘れずに行うようにしましょう。
また定期的に歯科医に歯ぐきの状態のチェックをしてもらうのもおすすめです。

虫歯

新しい虫歯が進むと歯の中で神経が腐ったりするニオイが口臭となる場合もあります。
また虫歯で穴が空いたところに食べ物が入り、長時間そのままになってしまい口臭の元になることもあるようです。
また虫歯治療で被せてある中が虫歯になっていると、被せ物の中に悪臭が溜まってしまうこともあります。その場合早めの治療をしましょう。

胃腸の不調

胃腸の不調により胃や腸から直接口に上がってきた匂いが口臭となる場合と、腸内から悪臭の元が血液中に吸収され、それが肺から息となって出る場合の2つのタイプがあるようです。
直接口に上がってくる匂いは胃の不調の場合が多く、吸収されて息や体臭として臭う場合は腸の不調や便秘などが多いと言われています。
腸内環境を良くすることや、胃腸のトラブルを改善することが先決となるようです。

食べ物による影響

例えばニンニクなどの強いニオイの物を食べると、いくら歯を磨いても胃の中から臭ってくるニオイもあります。
この場合は胃の中から消臭できる消臭剤を摂取することもおすすめです。あとは牛乳やみそ汁、濃いお茶などでもある程度押えられます。

ドライマウス

ドライマウスは乾燥しているときや、緊張したときにも表れます。また加齢によっても唾液が少なくなるとも言われてていますが、どれも口の中の濃度が濃くなり細菌の増殖が多くなることが原因です。
そのため唾液を多く出すようにガムや飴をなめることもいいようです。また小まめに口をすすいだり、水分を口に含むようにするなどの対策をしましょう。
当然口の中の衛生状態は普通より悪くなりやすいので、口腔内消毒藥などで口をすすぐのもおすすめです。

2015年12月22日 6755view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
コーヒーでがんと糖尿病のリスク低減
エチオピア原産で、古くはイスラム教の聖職者が「秘薬」として飲用したともいわれるコーヒー。近...
エアコンで病気になる?汚れたエアコンのリスクと正しい掃除方法
エアコンは今や私たちの生活に欠かせない電化製品です。身近なエアコンですが、正しい使い方をし...
無農薬野菜と有機野菜どっちがいいの?
できるだけ農薬が少ない安全な野菜が食べたいと思っている人はたくさんいます。 特に小さな子...
のどが痛くなった時の効果的な対処法
のどが痛くなったら、そのまま風邪に突入…。という人は多いのではないでしょうか?特に空気が乾...
Copyright (C) よろず
閉じる