美容・健康の豆知識

口臭の原因を知って予防・改善をしよう

口臭

口臭は人間関係まで壊すこともあると言われています。やはりさわやかな息は誰でも気持の良いものです。そこで口臭の原因を知ることで予防、改善をしていきたいと思います。

歯周病

歯周病は歯ぐきのトラブルですが、加齢によって多くなりますが、現在は食べ物などの関係から若い人も多くなっています。
歯ぐきが腫れたり炎症を起こしたり、歯槽膿漏になったりと口臭の原因はさまざまです。まず歯磨きとともに歯ぐきケアも忘れずに行うようにしましょう。
また定期的に歯科医に歯ぐきの状態のチェックをしてもらうのもおすすめです。

虫歯

新しい虫歯が進むと歯の中で神経が腐ったりするニオイが口臭となる場合もあります。
また虫歯で穴が空いたところに食べ物が入り、長時間そのままになってしまい口臭の元になることもあるようです。
また虫歯治療で被せてある中が虫歯になっていると、被せ物の中に悪臭が溜まってしまうこともあります。その場合早めの治療をしましょう。

胃腸の不調

胃腸の不調により胃や腸から直接口に上がってきた匂いが口臭となる場合と、腸内から悪臭の元が血液中に吸収され、それが肺から息となって出る場合の2つのタイプがあるようです。
直接口に上がってくる匂いは胃の不調の場合が多く、吸収されて息や体臭として臭う場合は腸の不調や便秘などが多いと言われています。
腸内環境を良くすることや、胃腸のトラブルを改善することが先決となるようです。

食べ物による影響

例えばニンニクなどの強いニオイの物を食べると、いくら歯を磨いても胃の中から臭ってくるニオイもあります。
この場合は胃の中から消臭できる消臭剤を摂取することもおすすめです。あとは牛乳やみそ汁、濃いお茶などでもある程度押えられます。

ドライマウス

ドライマウスは乾燥しているときや、緊張したときにも表れます。また加齢によっても唾液が少なくなるとも言われてていますが、どれも口の中の濃度が濃くなり細菌の増殖が多くなることが原因です。
そのため唾液を多く出すようにガムや飴をなめることもいいようです。また小まめに口をすすいだり、水分を口に含むようにするなどの対策をしましょう。
当然口の中の衛生状態は普通より悪くなりやすいので、口腔内消毒藥などで口をすすぐのもおすすめです。

2015年12月22日 7850view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
便秘の意外な解消法
何日もお通じがないと、お腹が苦しくなって不快です。便秘はひどくなると集中力が低下したり頭痛...
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
紫外線アレルギーとは?対処法について
紫外線アレルギーとは、太陽光に含まれる紫外線に対して、皮膚がアレルギー反応を起こしてしまう...
午前中から頑張るために、朝食をとろう!
朝食をとらないという方、多いのではないでしょうか。 朝は忙しく食欲がないということもある...
食事の順番を変えるだけで肥満・糖化を防止!べジ・ファースト
40代以降に増えてくる顔や体のしわ、たるみ。これらを引き起こし、老化を早める原因にもなるの...
Copyright (C) よろず
閉じる