美容・健康の豆知識

のどが痛くなった時の効果的な対処法

風邪はのどから始まる?

のどが痛くなったら、そのまま風邪に突入…。という人は多いのではないでしょうか?特に空気が乾燥する時期は要注意です。のどの粘膜が乾燥すると抵抗力が弱まり、風邪に感染しやすくなるのです。

まずはうがい

うがい薬でうがいをしましょう。当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、これが大変効果的なのです。うがい薬として販売されているものには殺菌力と炎症を抑える作用があります。
うがい薬でうがいをした後、さらにのどに直接吹きかける「のどスプレー」を使うとさらに効果的です。のどが痛くなりやすい人は一つ常備しておくと安心。

首回りを温める

スカーフやタオルなど、なんでもいいので首回りに巻き付け、保温しましょう。体温が奪われると免疫力は低下してしまいます。耳の下あたりまで覆える大き目のタオルかマフラーがおススメ。

水分補給をする

乾燥はのど痛を引き起こしてしまいます。こまめに水分補給をして粘膜を潤しましょう。緑茶には殺菌作用もあるので一石二鳥です。
のどの湿度を保てるよう、布製のマスクに霧を吹きかけ、湿らせて着けているとよいでしょう。

のど痛に効く食材

【ハチミツ】ハチミツをスプーンですくってのどの辺りに垂らし、できる限りそのままにしておきます。

【ハチミツ大根】大根を輪切りにスライスし、間にハチミツを挟んでしばらく置きます。かなり汁が出てくるので、それをのどに染みらせるようにして飲みます。

【抹茶】殺菌力と炎症を抑える作用があります。抹茶を非常に濃いめに淹れ、うがいをするようにしながら飲み込みます。

【果物】風の引き初めには体内のビタミンCが大量に消費されます。ビタミンCは粘膜を強くし、抵抗力をつけるのに欠かせない栄養素です。多めに摂取しましょう。

のどの痛みは、早めの対処が肝心です。のどが痛くなったら栄養をよく取り、温かい汁ものを多めに食べて早めに床に就きましょう。

2016年02月15日 10261view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康
   
関連エントリー
視力を良くする方法
ネットでもテレビでも、視力回復方法についての情報があふれていますね。ところで、視力は訓練次...
風邪予防の5つのポイント
忙しいときに風邪をひくと、自分も周りも困ります。できるだけ風邪はひかず、元気に過ごしたいも...
夏の疲れはこうして吹き飛ばす
気温が暑いと、ついつい冷たい飲料やアイスを食べたくなります。しかし、内臓の冷えは血行不良を...
親の介護について知っておきたいこと
誰もが年をとるのは当たり前とわかってはいても、自分の親に関しては認めたくない心理が働くのも...
スマホの見すぎで起きる「VDT症候群」
ヒマな時間にスマホを見るのが習慣となってしまっている現代人に、「VDT症候群」という病気が...
Copyright (C) よろず
閉じる