美容・健康の豆知識

辛い!こむら返りの原因から見える予防法

こむら返り

夜中や、起きるちょっと前に突然こむら返りが起こると、眠さも吹っ飛ぶほど痛くなります。思わずうなってしまうなんて体験もあるのではないでしょうか。

またスポーツをしているときや、ちょっとした足の動きでも突然起こることもあります。そんな辛いこむら返りの原因を探ることで予防法を考えていきましょう。

原因

・筋肉疲労
・運動不足
・水分不足
・冷え
・ミネラル、ビタミン不足
・椎間板ヘルニア、糖尿病、動脈硬化、甲状腺疾患
・妊娠中
・降圧剤、ホルモン剤などの副作用

筋肉疲労と運動不足

筋肉疲労は過度な運動や長時間の立ち仕事などで起こります。また逆に運動不足の場合もこむら返りを起こします。
いつもより激しい運動をするときは徐々に体を慣しながら行うこと。そしてウオーミングアップとクールダウンをしっかり行うようにしましょう。
運動不足も筋肉が弱くなってしまうので、適度に少しずつ歩くだけでも運動をしていくようにしましょう。

ミネラル不足・妊娠中


ビタミン、ミネラルは意識的にバランスよい食事から摂ることが大切です。 しかし特にこむら返りにはカルシウムとマグネシウム、そしてビタミンB1不足と言われています。
妊婦は赤ちゃんにどんどんビタミン、ミネラルを吸収されるため不足しやすく、こむら返りが起こりやすくなります。

マグネシウムは何と言っても昆布やノリ、ワカメなど海藻にたくさん含まれています。
カルシウムは小魚や乳製品からもたくさん取れますが、マグネシウムと同じくワカメにもたくさん含まれています。
ビタミンB1は緑黄野菜や大豆、牛乳、レバーに豊富に含まれます。これらを意識的に摂るようにしましょう。

冷え、水分補給

特に夏、クーラーのかけ過ぎに注意が必要です。また寝汗は冬でも結構かくので、寝る前の水分補給は重要です。


これらの原因を自分の生活の中で見直し、それでも改善がなされないようなら、病気の可能性も疑ってみましょう。

改行は
2016年03月08日 5473view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 怪我 健康
   
関連エントリー
歯磨き粉での歯磨きだけでは虫歯を防げない!?
虫歯予防に歯ブラシに歯磨き粉を盛り、ゴシゴシブラッシング。 実はこれだけでは虫歯菌は死な...
親の介護について知っておきたいこと
誰もが年をとるのは当たり前とわかってはいても、自分の親に関しては認めたくない心理が働くのも...
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
春先に増える!?あなたの「かくれ不眠度」を診断
春先になってあたたかくなってくると、なぜか通勤電車の中などで寝不足ぎみの人が目立つようにな...
発酵食品で病気知らずになろう!
腸って、お腹をこわしたら思い出してもらえる、どちらかといえば軽く見られがちな内臓です。 ...
Copyright (C) よろず
閉じる