美容・健康の豆知識

がんになっても、がん保険がもらえない!?

保険金支払いの“対象外”になるケース

日本人の死亡率№1のがんなので、万が一に備えてがん保険に入っていらっしゃる方も多いと思います。 しかし、その万が一に保険が支払われないとなったら、どうしますか?

保険金支払いの“対象外”になるケース

保険金支払いの“対象外”になるケースというのがあります。
たとえば、「子宮頚がん」と診断された場合は保険金が出るけれど、「子宮頚部上皮内がん」と診断された場合は出ないと言います。
上皮内がんというのは、異常な細胞が子宮頚部の表面の細胞層のみに見られるという初期のものです。
また、「前立腺がん」と「糖尿病」を患っている人が、「前立腺がん」の全摘出術を目的として入院した場合は支払われますが、 「糖尿病」のインスリン治療を目的として入院した場合には支払われません。
このように、わずかの差で保険金を支払わないという「トラップ(罠)」が、保険契約にはあちこちに仕掛けられています。

がん保険に入っているから大丈夫!

保険金の契約内容に合わせて病気になるわけにはいかないので、あきらめるしかありません。
「がん保険に入っているから、費用の心配がない!」などという過信は禁物ということでしょう。
保険に入る際に、保険会社は「保険に入っていれば支払われるケース」については丁寧に説明しますが、 「保険に入っていても支払われないケース」があることは話したがりません。 自分のがんが対象外だとわかった人は、口を揃えて「そんな話は聞いてない!」と言います。
がん保険に加入したのが数十年前だとすれば、そんな話は誰も覚えちゃいないでしょう。
保険会社の担当者が変わってしまうことだってありえます。

「保険のしおり」をよく読みましょう!

契約時に渡された「保険のしおり」を時々引っ張り出して読んでおきましょう。
「保険のしおり」なんてどこにしまったか忘れてしまった…と、おっしゃる方も多いようです。
がんになる前に、保険金が何に支払われて、何に支払われないのかをご確認ください。

2016年03月11日 9440view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 病気 保険
   
関連エントリー
心身機能が衰える!?「生活不活発病」って何?
東日本大震災などの震災時に増えたのが、「生活不活発病」という病気です。 身体を動かさ...
愛着障害が恋愛を邪魔する
愛着障害ということをご存じでしょうか。精神障害疾患ではなく多くの一般の人の中にも、この愛着...
貯金がない人ほど生命保険を検討すべき理由
生命保険を検討すべきと言われても、毎月の出費を考えるとなかなか踏み出せません。特に貯金がない場...
仕事や就活でうつ病になりやすい人の3つの特徴とは?解決策も紹介
深刻な現代病の1つと言われる「うつ病」。 ここで言ううつ病とは、10代の若者によく使われ...
ストレスをコントロールする方法
ここでは、ストレスをうまくコントロールする方法をご紹介します。 そもそも「ストレスをコン...
Copyright (C) よろず
閉じる