美容・健康の豆知識

若者に急増!文字がぼやける「スマホ老眼」

スマホ老眼

近いところが見えにくくなる「老眼」は、目の老化現象のひとつです。 本来は高齢者がかかる病気ですが、近頃はスマホを長時間見続けることで老眼の状態になる、「スマホ老眼」にかかる若い人が増えていると言われます。

スマホ老眼にかかると、小さい文字を見るとき、スマホを手元から離すと見やすくなるということです。

目の酷使が原因

スマホ老眼は、目を酷使することでかかります。 スマホは画面が狭いから、文字を読むときに目のピント調整力が低下して、夕方頃になると症状が出てきます。
ほかには、無理にピントを合わせることで目に疲れが出て、頭痛や肩こりが起こりやすくなります。 頭痛や肩こりは起こっていませんか?

スマホ老眼の対策

スマホ老眼の予防法ですが、スマホを長時間使用しないこと、スマホを見るときは少し距離を離して見ること、画面の明るさを調整することなどです。
画面は明るすぎても、暗すぎても目が疲れますから、適度な明るさに調整してください。
また、ときどき目を画面から離して、遠くの景色を見るようにしましょう。

目の体操

時々スマホから目を離して、以下のような目の体操を行うといいようです。

1.目の前に、人差し指を1本、立ててください。
2.目の前の人差し指をじっと見つめて、5秒数えます。
3.遠くのものに目線を移して、そこにピントを合わせて5秒数えます。

この動作を左右の目を交互に、10回ほど繰り返します。 目には「毛様体筋」という筋肉があり、これを鍛える目の体操です。
時々スマホから目を離して、目の体操を行うようにしてください。

2016年04月05日 5463view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 スマートフォン
   
関連エントリー
フォロワーゲット!インスタ映えする写真のコツ
2017年、ニュースやSNSで頻繁に取り上げられた『インスタ映え』というワード。 政治か...
Androidスマートフォンの便利技!着信にでられない理由をSMS送信で相手に伝えよう!
着信時に取り込み中で電話に出られないとき、着信を拒否することがあると思います。 ただ拒否...
食事の順番を変えるだけで肥満・糖化を防止!べジ・ファースト
40代以降に増えてくる顔や体のしわ、たるみ。これらを引き起こし、老化を早める原因にもなるの...
早めに認知症予防始めませんか?
認知症については、まだまだ解明されていない事が多く、不安が募ってきますが、 良いといわれ...
冬のフルーツはこう食べる!体を冷やさない方法
フルーツは体を冷やしてしまうものが多いため、寒い時期にはなかなか手を伸ばす気になれない人が...
Copyright (C) よろず
閉じる