美容・健康の豆知識

多汗症かもしれない?

多汗症

多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

汗を多くかくことを多汗症と思っている人も多く、汗かきの人が自分は多汗症かもしれないと思っているようです。
しかし多汗症は汗かきとはちょっと違います。ここでは多汗症についてもう少しご紹介しましょう。

多汗症の症状

気温が暑いわけではなく、運動をしたわけでもないのに汗をかくという症状があります。
汗をかく部分はそれぞれ人によってさまざまですが全身の場合もあり、また手の平、顔、足の裏のみという場合もあります。
とにかく異常に汗をかき、それによって皮膚がただれたり、皮が剥ける原因になることが多いようです。

多汗症の原因

多汗症の原因は、はっきり解明されていない部分もあるようですが、多くは精神的な緊張によって起こると言われています。
そのためリラックスしているときには何も異常が起こらず、人前に出ると決まった部分だけ汗をかく人が多いのです。

精神的な要因があったとしても、それに代謝異常や内分泌異常も関係しているとのこと。
また中枢神経にも関係があるとも言われています。更年期障害や甲状腺機能亢進症、生殖器障害、糖尿病、リウマチ、そしてホルモン分泌のトラブルも多汗症に影響すると言われているのです。

多汗症とワキガ

ワキガの人はワキガであること自体にストレスを持っていることも多く、それによって緊張が起こり多汗症を発症する人も結構いるとのこと。
そのため余計ワキガのニオイを強くしてしまうことにもなります。そんなときにはボトックス注射をして汗を止めることも。
大体6カ月程度しか保たないと言われていますが、美容外科で注射治療ができます。ただし保険を利用することはできません。

2016年04月07日 8557view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 健康 スキンケア 美容
   
関連エントリー
重曹のお風呂で美肌に
寒くなるこれからの季節。入浴は身体を温め、心をリラックスさせることで、快い眠りに導いてくれ...
ふくらはぎ、もむだけ健康法
ふくらはぎをもむだけ、そんな健康法があります。 ふくらはぎは「第2の心臓」といわれており...
発酵食品で病気知らずになろう!
腸って、お腹をこわしたら思い出してもらえる、どちらかといえば軽く見られがちな内臓です。 ...
下半身太り解消!「また割り」ストレッチ法
下半身を引き締めたいと思う人は、股関節の柔軟性を高めるといいです。 柔軟性を高めることで...
食事の順番を変えるだけで肥満・糖化を防止!べジ・ファースト
40代以降に増えてくる顔や体のしわ、たるみ。これらを引き起こし、老化を早める原因にもなるの...
Copyright (C) よろず
閉じる