美容・健康の豆知識

軽いマッサージでも十分!腰痛対策

腰痛の原因

腰痛は様々な要因で起こりますが、ここではぎっくり腰やヘルニアのような腰の病気ではなく、日常生活の中で起こる筋肉疲労から起こる腰痛について、マッサージによる対策をご紹介します。特にぎっくり腰は腰の炎症ですので、マッサージなどは言語道断。

激しい痛みが起きている間は腰の内部は大怪我をしている状態ですので、そこで揉んだりさすったり入浴して温めたりするのは絶対にやめましょう。 腰痛は一口に言っても原因が本当に様々ですので、ケースバイケースで判断が必要です。

溜まる前にストレス発散

腰痛は、実は突然起きるものではなく、徐々に徐々に疲労や無理が蓄積していって、レッドラインを超えた時に表に出てくるものです。 腰痛のサインは実はちゃんと前兆があるものですが、なんとなくだるく感じたり違和感があったりするのを放置していると悪化してしまうのです。 一番いいのは、何も感じなくても毎日疲れをリセットして腰に溜まったストレスを発散してあげることです。
特に何もしなくても、朝起きて1日活動していれば夜には腰も疲れきっています。 寝る前に毎日軽くマッサージするだけで、腰が文句を言い出す回数も少なくなるはずです。

軽いマッサージでも十分

腰のマッサージは、自分ではなかなかうまく出来ない場所ということもあり、どうしてもほったらかしになってしまう場所ですよね。 でも毎日の腰のマッサージは、難しければそんなに力を入れて揉む必要はないのです。 背中からお尻にかけて、両手のひらを背中にあてて上下にさするだけでも血流には良い影響となります。
腰はいつも圧迫されている場所なので、血流が悪くなると酸素や栄養素が運ばれにくくなり、痛みを生じることも多いのです。 力を入れる必要はありませんので、出来る範囲で何度もさすって血流を良くしてあげるだけでも、腰の痛みは緩和します。

2013年04月15日 26116view
この記事は作成から1年以上経過しています。情報が古い場合がありますのでご注意ください。
関連豆知識 : 怪我 健康 マッサージ
   
関連エントリー
マスクだけじゃない!たくさんある花粉症対策
花粉症がアレルギーの1つだということは広く知られていますが、そのメカニズムについてはあまり...
介護の不安・負担を軽くするための予備知識
「自分も親も、まだ若いから大丈夫!」と、介護の問題を他人事のように考えている人は多いようで...
便秘の意外な解消法
何日もお通じがないと、お腹が苦しくなって不快です。便秘はひどくなると集中力が低下したり頭痛...
多汗症かもしれない?
多汗症という病名は、何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
サービス付き高齢者向け住宅とは?メリット・デメリットや特徴について
超高齢化社会を迎えている日本では、@s2@高齢者が安心して暮らせるようになるための事業がど...
Copyright (C) よろず